金曜日, 7月 30, 2021
ホーム つくば 祝い金1人1万円に 成人式中止のつくば市 市長「延期しても運試し」

祝い金1人1万円に 成人式中止のつくば市 市長「延期しても運試し」

【鈴木宏子】新型コロナウイルスの感染拡大により開催を中止した成人式に代わって、つくば市が新成人に支給する特別成人祝い金について、五十嵐立青市長は12日、支給金額を1人1万円とすると発表した。18日市議会臨時議会を開き、約2900万円の補正予算案を提案する。

支給対象は市に住民票ある新成人

同日開かれた市長定例会見で明らかにした。市生涯学習推進課によると、議会で可決されれば、式典会場で配布する予定だった、中学時代の担任の直筆メッセージなどが書かれたしおりと合わせて、2月中に祝い金申請書類を新成人に郵送する。3月末までに銀行口座などに振り込みたいとしている。

1万円とした理由について五十嵐市長は、同市は県内最多の約2800人の新成人がいることから財政面を検討したとした。市町村によっては2万円の自治体もある。

祝い金支給対象はつくば市に住民票がある新成人。進学や就職のため市外に住民票を移した新成人は支給対象外となる。

成人式を中止にするか延期にするかは市町村によって判断が分かれた。延期ではなく中止とした理由について五十嵐市長は12日の会見で「(新型コロナが)春先も収束しない、夏は着物は暑い、秋も収束の見通しが立たない中、仮に延期しても責任をもって開催することが確定できない。運試しの状況で、いつできるか分からない中で延期はできない」とし「(成人の集いの)実行委員とも話し、苦渋の判断をした」と述べた。担当課によると、中止となった成人式について市民から、相当数の意見が市に寄せられているという。

会場に予定されていたつくばカピオは成人式当日、厳重に封鎖された=10日撮影

一方、式典を中止したにもかかわらず、開催予定日の10日、会場となるはずだったつくばカピオ(同市竹園)に厳重な警備体制を敷いた理由については「(暴走族が市内に集まるなどの)様々な情報が寄せられたため、警察とも相談した」と説明した。

10日、会場のつくばカピオは民間警備員、市職員、警察官など計約50人が警備し、バリケードも設置されたが、騒動はなかった。一方、振り袖姿の新成人など100人近くがカピオ前に集まり、写真を撮ったりする姿が見られた。

式典動画をYouTube配信

市は12日(予定)から、式典の動画をユーチューブ(YouTube)で配信する。別会場で実施したステージ上の式典の様子を撮影した動画で、午前の部と午後の部それぞれ、新成人の誓いの言葉、新成人に贈る言葉、和太鼓演奏などが放映される。

今後、今年の新成人が同窓会などを開催する場合は、学校や市公共施設を無料で利用できるよう、各出身中学校の実行委員に伝えるという。

22 コメント

22 Comments
フィードバック
すべてのコメントを見る
名無しの市民
6 months ago

そんな事言ってたら、何もできないですよ。オリンピックでさえ計画しているのに。できる方法を考えて下さい。
秋に再度計画して、それでもできなかった時に、苦渋の決断で中止にしましたと初めて言えるのでは?一年間のどこかでやってあげればいいはず。時間の猶予はまだまだありますよ。
何なら、ずっとできなければ、来年の成人と合同ってのもありでは?とにかく振袖は高校生の頃から決めてたのしみにしているのですよ。やっと親の肩の荷が降りる親子の晴れ舞台です。
市長の娘さんが成人した時に思い出して下さいね。その晴れ着を着られなかった成人とその親がいた事を。

名無しの市民
返信する  名無しの市民
6 months ago

オリンピックは、カネが大事で日本人の命なんて屁ほどにも思っていないIOCと、欲とカネに駆られて止めるに止められない日本のジジイババアが突っ走っているからまだ中止になっていないだけ。
写真撮るだけなら今すぐにもできる。
大切なのは、親「おめでとう」子「ありがとう」の心の交流。

でも
>市長の娘さんが成人した時に思い出して下さいね。その晴れ着を着られなかった成人とその親がいた事を。
この部分だけは深く賛成する。日テレ藤井アナのコメントにも通番する。

名無しの市民
6 months ago

五十嵐さんも苦渋の決断でしょうから単に批判するのはどうかと思いますが。うーん、振袖着られないのは悲しいですよね。

nyoromo
6 months ago

振袖を着るのは自由。式典がなくたって着たいときに着ればいい。春になれば今の感染爆発も小康状態になるだろうから、5月の連休頃に有志でプチ成人式も兼ねた同窓会を今から計画しておけば。こんなクソ寒い時期に着るよりよっぽど体に負担がなくて楽しめると思う。
それとも、そんなに市長をはじめとしたお偉方の挨拶が聞きたかったのか?(笑)

名無しの市民
返信する  nyoromo
6 months ago

同感です。自治体に祝ってもらわなくても家族や親戚でお祝いしてあげれば充分。振袖で記念写真を撮るだけでも立派な成人の門出に相応しい。

名無しの市民
返信する  名無しの市民
6 months ago

格差社会のこの世の中には振袖を用意するだけのお金がない新成人も多いはず.成人式で女性が振袖を着るべきというような風潮はどうかと思う.お上に頼らず新成人が成人式のありかたを考えるべきだと思うけどな.

名無しの市民
6 months ago

来年以降の新成人は1万円もらえなかったら不貞腐れるだろうね。

なんの知恵も絞らずに単純に市民の税金バラ撒いてで解決みたいで、所詮その程度のアイデアマンだったということか。

名無しの市民
返信する  名無しの市民
6 months ago

確かに。
例えば着付けや貸衣装、会食のキャンセル代を一部でも負担するというのなら、
新成人やそのご家庭の負担も減るし、美容室や貸衣装屋も有り難く受け取って
くれるはず。

名無しの市民
6 months ago

もともと出席するつもりも同級生で集まるつもりもなかった人にも1万円渡すのは、棚ぼたですね。渡す目的に沿っていないですね。
市長の罪滅ぼろしで約2800万円もばらまくのであれば、コロナで闘っている医療関係にもっとお金を投入しましょうよ。

名無しの市民
返信する  名無しの市民
6 months ago

なんでそんな意地の悪いこと言うんですか?

名無しの市民
返信する  名無しの市民
6 months ago

いやいや、意地悪でも何でもないでしょ。

今その2800万円は新成人に渡すのに疑問があり、その分医療関係に投入しようという提案は至極真当な意見だと思うよ。

医療関係もしくは時短営業で収入経たれそうな個人商店などに投入した方がそれこそ市長の大好きなSGDsにも沿ってんじゃないの?

財政を理由にというなら、なおさらだよね?

名無しの市民
返信する  名無しの市民
6 months ago

でも、何もなくただ成人式を中止にされる側の立場にもなってください。せめてもの償いで、1万円をだすのに、何の文句があるっていうつもりなんですか。2800万の予算なんて大したことないでしょうよ。

名無しの市民
返信する  名無しの市民
6 months ago

お金をもらって気がおさまるのであれば、あなたにとって成人式は大した事ではないですね。
お金は時短営業の飲食店や医療関係の方などもっと困っている方に渡って欲しいです。

名無しの市民
返信する  名無しの市民
6 months ago

2800万円の市民税をどれだけの人が身銭切って搾取されてると思ってんだ?親の世話になってる新成人にはわからんだろうな。そして、なんでお前みたいな2800円もの税金を軽視する奴に償いを施さなきゃならんのだ?

2800人の医療従事者に1万円ずつ配ってもらうか、2800件の個人商店に1万円ずつ配ってもらった方がよほど税金の良い使い道だ。

名無しの市民
返信する  名無しの市民
6 months ago

じゃあ、ただ中止します、ジャンジャンで新成人が納得すると思ってるんですか?せめてもの誠意と新成人の納得が2800万なら安い買い物だと思いますけど。

名無しの市民
返信する  名無しの市民
6 months ago

新成人のご機嫌とりに2800万とか有り得んだろww

どうせ何もやらんでも来月になれば忘れてるから安い買い物どころかドブに捨てるようなもんだよ。市民の税金でお小遣いもらうんだったら文句言われても有り難うと言っておけってwww

名無しの市民
返信する  名無しの市民
6 months ago

あなたは、中止ではなく延期を市長に強く要望すべきなのでは?
お金の話は、「税金の使い方」の問題であって、あなたの本当の要望はお金ではないはずです。そのようにお見受けしましたが違いますか?
市長に直訴されてはいかがでしょう?

名無しの市民
返信する  名無しの市民
6 months ago

「ただ中止します、ジャンジャン」で結構。
「状況ご理解ください」くらいは付け加えてもいい。

「友達と会えない」残念ですね、くらいは思う。
でも、人気取りにカネをばら撒く市長も最低だし
「せめてもの誠意と納得」を要求する新成人も人として最低。

名無しの市民
返信する  名無しの市民
6 months ago

同感!!何に使われるかわからないお祝い金より、医療従事者への特別手当などに充ててもらいたい。

名無し
6 months ago

「どんなに大切なことでもお金で解決できるのがオトナ」という市長からの新成人へのわかりやすい祝辞なだけでは?

名無しの市民
返信する  名無し
6 months ago

上手いので1票入れておきましたwww

文句言ってうるさい奴、面倒な奴は金で黙らせるという御手本だよね、これ。

名無しの市民
返信する  名無しの市民
6 months ago

つくばあるあるですね

市内の陽性確認者数

直近30日の感染者数推移

このグラフは土浦市・つくば市の過去30日の陽性確認者数を表しています。

これまでの推移(つくば市)

このグラフは初の陽性確認者が出た日から現在までの推移を示しています

これまでの推移(土浦市)

このグラフは初の陽性確認者が出た日から現在までの推移を示しています

スポンサー

注目の記事

最近のコメント

最新記事

つくば工科高校サポートクラブ(2) 《塞翁が馬》3

【コラム・三浦一憲】前回「つくば工科高校サポートクラブ」の続きです。見学会一覧(1~11)は前回コラム(6月28日掲載)をご覧ください。 1回:建設中のショッピングセンター見学(1999年7月) 設計した会社の担当者による事前レクチャーのあと、友部の建設現場で受講。学校手配のマイクロバスで移動。教科書には書いてないことを知る現場見学会。生徒にはいい刺激に。 2回:国際会議場、ノバホールなど見学(1999年8月) これは挑戦的な企画でした。使用目的の違う3ホールを音響的な側面から見学。建築や音響の専門家でない外部の人間だから、いろいろな疑問に取り組めました。各ホールの音響的な違いを知り、ホールとは何かを感覚的に体験。ラジカセの生音を反響の少ない環境で体感してから、各ホールのステージで鳴らし、1階席、2階席でホールの持つ音響的な特性を体感。 NHKが音響設計したノバホールは反響音が長く、ステージ上に置かれたラジカセの音が豊かに聞こえました。反響音や残響音が豊かな音を作っていることも体験。高校生にはいい勉強になりました。現地で保護者も参加、大人にも刺激に。

権利獲得目指した障害者運動の歩み語る 「茨城青い芝の会」60周年記念誌

脳性まひ者を中心とする障害者団体「茨城青い芝の会」(里内龍史会長、土浦市神立)がこのほど、60周年記念誌「大いなる叫び―茨城青い芝の会の障害者解放運動」(A5判、251ページ)を刊行した。  同会は60年前の1961年、脳性まひ者の折本昭子さん=故人=と、千代田村(現・かすみがうら市)上志筑の寺院の大仏空(おさらぎ・あきら)住職らが中心となって結成した。63年には大仏住職の寺に障害者が共同生活をするコロニー「マハラバ村」をつくった。その後、村を出た障害者たちが全国各地で青い芝の会を結成し、70年代には先鋭的な社会運動を起こした。運動を通して生まれた「自分たち抜きに、自分たちのことを決めるな」という訴えは、その後の国内のさまざまな人権運動に影響を与え、現代の「当事者主権」につながったとされる。学術研究の対象としても近年、再評価の動きが起こっている。 記念誌は、14人と1団体による25編の原稿で構成され、障害者の権利獲得を目指した当事者らが、自らの闘いの歴史を振り返っている。当事者主権の思想を育んだ共同生活がどのようなものだったかも垣間見せる。さらに、知的障害者らが殺傷された津久井やまゆり園事件や、新型コロナで論争になった治療の優先順位を決める命の選別問題など、現代もある優生思想や差別について、当事者の視点から語っている。 会長の里内さんは記念誌出版の経緯について「(マハラバ村を経験した)茨城青い芝は僕だけになった。最後の大仏門下生として後世に対して、青い芝の会の偉業を文章化して残したいと思っていた」と話す。 昨年4月、里内さんは「障害者解放運動から」と題した講演を行う予定で一昨年から準備をしていた。里内さんは障害のために、声を出すことが出来ない。そのため、講演のために原稿を作り、それをパソコンで読み上げる予定だった。しかし、コロナ禍でその講演は延期となり、ついには中止になってしまった。 その際「茨城青い芝の60周年記念でもあるので本にしよう」という提案があり、「講演録や大仏和尚が書いた文章、先輩たちが書かれた文章などをまとめて一冊の本として店頭販売したい」と考え、出版に至ったという。里内さんは「この記念誌の読者の中から新しい人間関係が出来てくれればうれしい」と話す。

養老孟司先生の講演を聴く《令和楽学ラボ》14

【コラム・川上美智子】つくばのホテルグランド東雲で、東京大学名誉教授の養老孟司先生の講演を聴く機会がありました。養老先生は20数年前の現役時代に東大医学部の学生に解剖学実験を指導されていて、当時受講生だった娘が時々その様子を話してくれました。ホルマリンの臭いが充満する教室で、学生たちが人体解剖をしている傍らで、椅子に座ってじっと本を読んでおられたようです。 学生たちも大変ですが、先生にとっても厳しい時間なのではないかと、当時、思ったりしました。たとえ仕事であったとしても、医学の継承のため、若い学生を育てるため、人体を捧げる運命に至った人に最後まで傍らで寄り添い、畏敬の念を抱きつつも送り出さなければならない先生の気持ちを、本が和らげてくれていたのではと思います。 講演で先生は、「生老病死(しょうろうびょうし)」という言葉を黒板に書かれ、これが人の自然の姿だと言われました。最近、宗教学者の山折哲雄も、人生終焉に向かうテーマとして同名の本を出版しています。生老病死とは、人の人生には「生まれること、老いること、病むこと、死ぬこと」の四つの苦しみがあり、これを避けて通れないという仏教語(お釈迦様の言葉)だそうです。 つまり、人が生きること自体が思い通りにならない苦しいことであると、仏教は教えています。先生は、演題「今、私たちは何をすべきか」の中で、そうだからこそ、「生(しょう)」のスタート部分の子ども時代には、生きることの楽しさ、社会の明るさを教えてほしいと訴えました。 子ども時代の一定期間、田舎で過ごすのがよい 先生は今、理想の保育園を目指し、保育園の理事長の職に就いていらっしゃるとのこと。毎日、孫や曾孫のような子どもたちと、虫取り、魚獲りで自然に触れ、子どもたちを幸福にしたい、子どもたちに幸せな生活を送らせたい、という思いで過ごされているそうです。

今年のワカサギは大ぶり 霞ケ浦・北浦の解禁漁

霞ケ浦と北浦の夏の風物詩、ワカサギ漁が21日解禁された。今年は例年に比べ体長が約7センチと大ぶり。「身も大きさも消費者に喜んでもらえるのではないか」と、12月まで続くこれからの漁に期待が寄せられている。 解禁日当日の操業(出漁)船は、霞ケ浦・北浦併せて142隻(昨年は118隻)、平均漁獲量は霞ケ浦が29.6キロ(同45.6キロ)、北浦が1.7キロ(同10.5キロ)だった。 温暖な霞ケ浦・北浦はワカサギの成長が早く、全国でも珍しく夏にワカサギが捕れることから「ナツワカ」の愛称で知られ、フライなどのほか、様々なレシピで好まれている。 愛好者などからの引き合いも多く、土浦市内のスーパーや専門店などでは生や加工品のワカサギが販売されている。霞ケ浦水産研究会(霞ケ浦漁業協同組合内)は昨年から捕りたての夏のワカサギを多くの人に味わってもらおうと、産地直送通販サイト(https://poke-m.com/products/165223)で「わかさぎオンライン解禁市」を関東地方限定で実施している。 国内の昨年のワカサギ漁獲量は、青森県の365トンをトップに、北海道210トン、秋田県207トンと続き、茨城県は73トンで第4位だった。解禁日は秋田県の小川原湖が9月1日、北海道の網走湖が9月頃、秋田県の八郎湖は10月頃とまちまちで、「ナツワカ」は霞ケ浦・北浦だけだ。 霞ケ浦・北浦のワカサギ漁獲量で最も漁獲量が多かったのは1965年の2595トンで、現在全国トップの青森県の実に7倍以上の水揚げを誇っていた。(山崎実)