土曜日, 2月 27, 2021
ホーム コラム 《食う寝る宇宙》73 宇宙に行きたい人、注目!

《食う寝る宇宙》73 宇宙に行きたい人、注目!

【コラム・玉置晋】文部科学大臣が10月23日の記者会見で、JAXAが13年ぶりに宇宙飛行士を募集すると発表しました。僕の周りにも宇宙飛行士を目指す若手が何人かいて、ちょっとざわついています。2021年秋ごろをめどに募集を行い、その後は5年に1度のペースで継続して募集するとのことです。今後の恒久的な月開発を視野に入れた動きでしょうね。

まだ募集要項は出ていないので、前回の募集要項を参考にすると、(1)日本国籍を有すること(2)大学(自然科学系)卒業以上であること(3)自然科学系分野における3年以上の実務経験(4)宇宙飛行士としての訓練活動、宇宙飛行活動に柔軟に対応できる能力を有すること(5)訓練時に必要な泳力(水着及び着衣で75メートル泳げること、10分間立ち泳ぎが可能であること)(6)円滑な意思疎通が図れる英語能力を有すること(7)宇宙飛行士活動に適応できる医学的・心理的特性を有すること(8)日本人宇宙飛行士としてふさわしい教養等を有すること(9)10年以上JAXAに勤務かつ長期間海外勤務が可能なこと(11)所属機関の推薦が得られること―。

具体的には:JAXAホームページを参考にしてください。

10年以上前の要項なので、現在とは求められる能力は変わってくると思います。今後、どんな募集要項が出てくるか楽しみです。でも、(5)の泳げること―というのは、地球帰還時や緊急時の脱出の際、海上で待機する可能性もあるので、間違いなく残るでしょうが、僕は子供のころから泳ぎが苦手でねえ。宇宙飛行士を目指す子供たちは、しっかり泳げる練習をしておいてください。

ハロウィン・イベントにざわつく心

11月になりました。先月、我が家では調子にのって、ハロウィン柄の使い捨てマスクを1箱購入したのですが、ハロウィンが終わったにもかかわらず、数十枚、使わずに残ってしまいしました。

どうしようか考え中です。気にせず使い続けるか、来年用にとっておくか。僕はハロウィンには特別な思い入れがあります。17年前の2003年10~11月、太陽活動が非常に活発になった時期があって、宇宙天気界隈では「ハロウィン・イベント」と呼ばれています。

この時は人工衛星が壊れて大変なことになり、僕は宇宙天気から人工衛星を守る仕事をしようと思って、今に至ります(コラム62参照)。僕の宇宙天気との「くされ縁」は、17年前のハロウィンから始まっており、この季節が来ると心がざわつきます。(宇宙天気防災研究者)

0 Comments
フィードバック
すべてのコメントを見る
スポンサー
0
コメントお待ちしてますx
()
x