木曜日, 1月 28, 2021
ホーム つくば アートで現代社会を切り取る美術家たち 21日までつくば市民ギャラリー

アートで現代社会を切り取る美術家たち 21日までつくば市民ギャラリー

【田中めぐみ】主に県内在住の写真愛好家や美術家たちによる作品を展示した「フォトMAX美術展」が16日、つくば市民ギャラリー(同市吾妻)で始まった。21日まで。2015年から毎年開催されており、今年で6回目。20人の作家が、写真や絵画などジャンルにとらわれない現代アート作品31点を出展している。

主催者の佐々木元彦さん(アース808ギャラリー代表、牛久市)は、元は「週刊新潮」の報道カメラマンだった。仕事でアーティストを取材したのがきっかけで感銘を受け、40代でアートの世界に入ったという。同美術展には、過去の自分の写真や靖国神社に参拝する若者、絵物語作家の山川惣治作品などのモチーフをコラージュした作品「HISTORY(宇宙5秒の世界)」を出展し、宇宙から見れば短い人類の歴史を表現した。

「この美術展に出展する作品には特に基準や制限を設けていない。製作者の好奇心や感性、直観を大切にし、他の美術展には出せないような作品を出してもらっている。アートとは答えがないもの。表現したエネルギーや情報はその人の一部分であり、魂。魂には嘘がない。それが見る人に伝われば」と話す。

大和田清さんと「運転御法度時代考(高齢者・飲酒・ノーベルト)」

桜川市在住の大和田清さんは、「運転御法度時代考(高齢者・飲酒・ノーベルト)」と題した写真を出展した。5、6年前にもらい、家に置いてあったという人体模型から着想を得、運転席に乗せて撮影。高齢ドライバーや違法運転といった社会問題をコミカルに風刺した。「社会的な問題をテーマに、現代に合った作品を作ろうと思った」と話す。

清水牧夫さんが出展したのは、今年1月に渋谷で撮影した写真「STOP!COVID-19」。撮影当時は、日本初のコロナウイルス感染者が確認されたとの報道で世の中が騒ぎ始めた時期だったという。大きな口を開けた看板モデルと対照的に、被写体の男性は少し口元を気にしながら立っている。「まずは見ている人に足を止めてもらい、その後作者が何を思っているのか、立ち止まって考えてもらえるような作品を心掛けている。きれいなだけの写真ではなくて、何かメッセージを持たせたい」と語る。

清水牧夫さんと「STOP!COVID-19」

布施谷敏子さんは、主催者の佐々木さんが講師を務める写真同好会「写心遊学クラブ」のメンバーで、5年前から写真を始めたという。「雨上がり」と題した写真は、絵のように見えるが加工ではなく、自分の影を写したもの。「歌舞伎座に出かけた時、外階段に出ようとすると水たまりができていて、偶然自分の影が映ったのを撮影した」と話す。外出していておもしろい光景があると撮影をして楽しんでいるという。

布施谷敏子さんと「雨上がり」

◆フォトMAX美術展Vol.6「過去~現在~未来の自伝」 21日(月)までつくば市市民ギャラリー(つくば市吾妻2-7-5、中央公園レストハウス内)。開館は午前9時半~午後5時(最終日は3時まで)。入場無料。 問い合わせ:佐々木元彦さん(080-1210-1695)

0 Comments
フィードバック
すべてのコメントを見る
スポンサー
0
コメントお待ちしてますx
()
x