木曜日, 1月 28, 2021
ホーム つくば 【つくば/都市と文化】4 長屋門に泊まってみない?

【つくば/都市と文化】4 長屋門に泊まってみない?

【鴨志田隆之】「つくばRegion8(リージョンエイト)地域活性化プランコンペ」で2年連続敗退している、と刺激的な書き出しをするが、審査側は興味を示しながら「次年度以降のビジネスモデルを構築すべき。実力のあるスタッフだから必ずできるだろう」という旨の講評で不採択とした。「もん泊」(長屋門を活用した民泊と地域振興イベント)という取り組みは、特定非営利活動法人つくば建築研究会(小玉祐一郎代表)が進める「長屋門の利活用」だ。

長屋門は、江戸期に生まれた農家、商家の建築様式で、門構えの両サイドに居住ないし納屋空間をしつらえた大型の門を示す。関東地方の農村や旧街道沿いでよく見かける建築だが、つくば市内には実に217軒もの長屋門が所在する。長屋門は藩政時代、許可制であったため、市内の多くは明治期以降に建てられたものと調査されている。

「水回りも含め、佇(たたず)まいをそのままに、宿泊機能を付加する改修を施し、古民家に滞在体験する。交流と農村の歴史と文化を、長屋門を通して知っていただきたい」と研究会はアピールしている。

「もん泊」は、2018年の住宅宿泊事業法施行で解禁された「民泊」のもじりだが、なぜわざわざ「門」に泊まるのか? そこが、家主と同居に近い形態の民泊との最大の違いだ。母屋(家主)と適度の距離を置き、プライバシーを保ちつつコミュニケーションも図るという良いとこ取りなのである。

モデルケースはすでに確保されている。栄地区在住の塚本康彦さん(68)が所有する、江戸末期に建てられた長屋門が、塚本さんの協力で改修着手を待つ。長期的な展望では、長屋門の所有者の賛同を得て、「もん泊」対象長屋門を増やしていく考えだ。

塚本さんは「数年前父親から相続したものの、私の住居は離れで十分。母屋も利活用を模索していますが、研究会のテーマが地域交流と活性化に資することで好感が持てる」と述べる。母屋は寄せ棟造瓦ぶきの平屋住宅。18年の民泊新法施行前から、グリーンツーリズムの受け皿としての農家リノベーションを考えていた。

研究会は9月27日、市内外の「門主」を塚本邸に招き、プロジェクトの説明会と交流会を予定している。11月1日には、より広く参加者を求めシンポジウムも準備されている。コロナ禍の情勢によってはオンラインミーティングに切り替えられる可能性もあるが、長屋門という建築様式や歴史、そこに生まれた地域文化を見聞するまたとない機会だ。

ここまで準備が整っていながら、まだ資金的な裏打ちが弱いことが悩みの種だ。「長屋門はそのまま見学施設として、庭先でキャンプでも良いのでは?」という寸評もある。いずれにしても第2、第3の「もん泊」へつなげていくために、ビジネスモデルの構築が待たれる。

つくば建築研究会ともん泊についてはhttp://tsukuba-arch.org/を参照。(続く、全5回シリーズ、不定期掲載)

0 Comments
フィードバック
すべてのコメントを見る
スポンサー
0
コメントお待ちしてますx
()
x