木曜日, 3月 4, 2021
ホーム コラム 《吾妻カガミ》87 つくばセンタービル再生の問題点

《吾妻カガミ》87 つくばセンタービル再生の問題点

【コラム・坂本栄】本サイトの中ほどに「つくばセンタービル」というタイトルの特設コーナーが設けられています。現時点では、市が同ビルをどう活用しようとしているのか調べた記事と、ビル裏手(正面?)の中央広場への想いを述べた脚本家のコラムがアップされています。今回のコラムではこのセンタービルの問題を取り上げましょう。

記事とコラムは、「具体案、市民に説明なく」(6月26日掲載)、「民意と距離ある計画」(6月27日掲載)、「世界的アート建築に屋根?」(6月28日掲載)、「コラム:磯崎新の設計思想」(7月9日掲載)の青字部をクリックしてご覧ください。磯崎氏は、ノバホール+ホテル日航つくば+センタービル+中央広場を設計した方です。

記事は、①市は空きが目立つセンタービル1階を、事業の立ち上げを目指す起業者の作業区にしようとしている②また、音楽会場・ノバホール右側の建物などは市民活動を支援する拠点に改装しようとしている③しかし、これらの案は市民の意を汲んだものとはいえず、市の情報開示も十分ではない④一方、中央広場に屋根を付けるという改修案に磯崎氏は遠回しに反対している―に要約できます。

起業には「トキワ荘」がよく似合う

一昔前、センタービル1階には銀行の支店や飲食店などが入り、一帯はまさに市のセンターでした。ところが、賑わいの中心がTX研究学園駅に移り、センタービル周辺は駐車の便が今一のこともあって、市の真ん中ではなくなりました。

こういった場所の再生を考える市も、大変です。若い起業者支援のために、旧一等区画を活用しようとする気持ちは分かります。でも、そういった優遇策は彼らのためにならないでしょう。起業には、赤塚不二夫らが雑居した「トキワ荘」がよく似合うからです。ビル・ゲイツはガレージで起業しました。事業の立ち上げには、公務員宿舎跡が向いていると思います。

センタービルを核とするTXつくば駅周辺は、オフィスビル+マンション+飲食店+小売店が立ち並ぶ「ビジネスゾーン」にし、企業の本支店を誘致したらどうでしょうか。センタービルについては、その区分所有権(つくば市53%、ホテル日航つくば38%、筑波都市整備9%)を大手不動産に一括売却し、民間の知恵(再設計は磯崎新事務所?)で再開発してもらったらどうでしょうか。(経済ジャーナリスト)

6 コメント

6 Comments
フィードバック
すべてのコメントを見る
名無しの市民
7 months ago

賛成です。

名無しの市民
7 months ago

筑波大学が買い取って大学にしてしまうのはどうです?

名無しの市民
7 months ago
返信する  名無しの市民

筑波大もいつ学生が帰ってくるやら…。学生たちのオンライン授業用の基地にしたらどうです?

名無しの市民
7 months ago

せっかくの好立地
人が集まる場所にしないと衰退を招く

ニョロモ
7 months ago

あれだけあった吾妻、竹園、並木の官舎跡地はどうなった?バカの一つ覚えで宅地開発ばっかり。しかも売れ行きは芳しくない。今の案がいいかはわからないが、売却は最悪の考え。
公共的な活動に格安で貸し出すくらいにしてアフターコロナまで敢えて塩漬けでもいいのではないか。

名無しの市民
6 months ago

水耕栽培で野菜の生産基地にしませんか?

スポンサー
6
0
コメントお待ちしてますx
()
x