Warning: getimagesize(https://newstsukuba.jp/news/wp-content/uploads/2021/01/log-alt_optimized.png): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 429 Too Many Requests in /home/ntsukuba/newstsukuba.jp/public_html/news/wp-content/plugins/td-cloud-library/shortcodes/header/tdb_header_logo.php on line 786

Warning: getimagesize(https://newstsukuba.jp/news/wp-content/uploads/2021/01/log-alt_optimized.png): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 429 Too Many Requests in /home/ntsukuba/newstsukuba.jp/public_html/news/wp-content/plugins/td-cloud-library/shortcodes/header/tdb_header_logo.php on line 786
水曜日, 1月 20, 2021
ホーム コラム 《茨城の創生を考える》15 新型コロナを機に企業も変わるべき

《茨城の創生を考える》15 新型コロナを機に企業も変わるべき

【コラム・中尾隆友】新型コロナウィルスの感染拡大について、様々なメディアが心の暗くなるような報道ばかりをしている。しかし私は、茨城の企業が今回の出来事をバネにして、大きなチャンスをものにするように願っている。というのも、「テレワーク」という働き方が本格的に普及する環境になってきているからだ。

テレワークは日本の生産性を大幅に引き上げるポテンシャルを秘めている。日本の会社員にとって毎日の「通勤」は「痛勤」と揶揄(やゆ)されるほど肉体的または時間的な負担が大きいので、その負担をなくせるだけでも効果が大きいはずだからだ。

東京、神奈川、埼玉、千葉の1都3県と呼ばれるエリアの会社員は、毎日、満員電車や満員バスに押し込まれ、往復の長い移動だけで疲弊してしまっているが、茨城でも常磐線やTXで東京や千葉に通勤している会社員がいるし、圧倒的に多い車による通勤も決して楽ではない。

ところが、テレワークが一般的な働き方となった場合、毎日の通勤で体力を消耗することもなく、最初から仕事に集中できるようになる。仕事にあたる集中力を高めることができれば、業務の効率性は想定を超えて上がり、だらだらと長時間労働をする必要もなくなっていく。

これまで毎日の通勤にあてている体力と時間をすべて仕事に振り向けることができれば、どれだけの効果がもたらされるのか、想像してみてほしい。

テレワーク拡充で生産性をアップ

たとえば、午前7時から仕事を始め、午後3~4時に終わらせることが十分に可能となるのだ。これからテレワークの仕組みを拡充していくことで、ホワイトカラーの生産性を2~3割引き上げることは難しくはないというわけだ。

総務省の統計によれば、国内でテレワークを導入した企業の割合は2018年の時点で19%と、アメリカの85%と比べ4分の1以下の水準にすぎないという。新型コロナの感染拡大防止のため、足元では20%台後半にまで割合が増えているというが、残念ながら、茨城も含めて地方の中小企業ではほとんど普及が進んでいない。

企業のなかには、「労務管理が難しい」「営業マンに不向きである」といった意見が多いのだが、「できない理由を列挙する」のではなく、「できるためにはどうしたらいいか」を考える段階に来ているのではないだろうか。

日本人の働く場所が1週間のうち3日は自宅に切り替われば、ホワイトカラーの生産性が上がるばかりか、子育てや趣味にあてる時間が増えて生活に潤いが増えていくだろう。

そのうえで、私がお勧めする働き方は、自宅以外に集中力が高まる場所や空間をいくつも確保しておくということだ。たとえば、私は細かいデータを分析するときは、リラックスできる行きつけの喫茶店を利用したりしている。(経営アドバイザー)

3 コメント

3 Comments
フィードバック
すべてのコメントを見る
名無しの市民
8 months ago

テレワークと言っても、家族と一緒の場なら、仕事にも集中できません。
当然のこととして、家に居るなら家事や子育てを手伝ってくれるものと期待します。
「ワーク・ライフ・バランス」どころか、「ワーク・ライフ・ストレス」となって、児童虐待やDVを招きかねません。そういう相談は、増加しているとも聞きます。

鳥居徹夫
8 months ago

テレワークと言っても、家族と一緒の場なら、仕事にも集中できません。
当然のこととして、家に居るなら家事や子育てを手伝ってくれるものと期待します。
「ワーク・ライフ・バランス」どころか、「ワーク・ライフ・ストレス」となって、児童虐待やDVを招きかねません。そういう相談は、増加しているとも聞きます。
通勤時間の無駄は、本人にとっても家族にとっても、勤務先にとっても課題です。
家庭でない働く場、近くに集まれる「サテライト・オフィス」の構想も、本格検討すべきです。
筑波山のふもとで、家庭とも近く、家族と離れて仕事に集中できる「サテライト・オフィス」の普及は、科学の町の「つくば市」、そして隣接する「土浦市」における、新たなイノベーションにしたいものです。

名無しの市民
8 months ago
返信する  鳥居徹夫

サテライトオフィスいいですね

スポンサー
3
0
コメントお待ちしてますx
()
x