火曜日, 1月 19, 2021
ホーム つくば 笠間のスカーレット つくばで堤綾子さん回顧展

笠間のスカーレット つくばで堤綾子さん回顧展

【池田充雄】堤綾子さんの個展「炎とともに、半世紀…Vol.2」が30日まで、つくば市豊里の杜のギャラリー「夢工房」で開催中だ。堤さんは1967年から地域初の女性陶芸家として笠間焼の発展に尽くし、女性陶芸家の道を切り開いてきた。91歳の今も土と炎への熱い思いを抱き続けている。

今展は病気療養中の堤さんに代わり、弟子有志がその業績を伝えるべく開催した、昨年12月の笠間きらら館に続く第2回の回顧展。工房にあった未発表作も含め、花器を中心に茶道具や小品など140点を出品している。

自然釉扁壺(しぜんゆうへんこ)

作品は主に穴窯や木炭窯による焼き締め。薪や炭の灰による自然釉と、火の流れが生む自然の色が見どころだ。高萩の蛙目土(がいろめづち)など多様な土を使うが混ぜ物はせず、その土の個性を最大限に生かすという。

直炎式の木炭窯は、堤さんが生涯懸けて研究してきた手法。円形に組んだレンガの中に作品を置き、上から松炭を投げ入れ、強い火力で一気に焼き上げる。穴窯よりも短時間で灰被りの特徴を出せ、きれいな火色やごつごつした岩のような風合いなど、二つとして同じものがない。

穴窯で一度焼いた作品を木炭窯に入れ、上がる炎を耐熱マスクで防ぎながら、鉄棒でつついて表面を加工するなど、さまざまな表現にも挑んできた。「情熱の塊のような人。前へ前へと自分の情熱のままに生き、こういう表現をしたいと思ったら極限まで突き詰め、それが全ての作品に表れている」と、30年来の弟子である高橋協子さんは証言する。

自然釉筒花入。作品を解説する高橋協子さん

「自然釉扁壺」は緑色の釉がどろりと厚くかかり、木炭窯の特徴がよく出た作品。「自然釉筒花入」は、寝かせて焼くことで釉が横に流れ、表面に埋めた貝殻の塩分が赤い火色を呼んだ、穴窯らしい作品だ。

堤さんは1928年香川県丸亀市生まれ。終戦を朝鮮で迎え、嵐の中を命からがら引き揚げた。「船上から荒れ狂う空を仰ぎ、自分を生かしてくれたなら必ず大成してみせると神に誓ったが、いまだその半分も成し遂げていない」とし、命ある限り表現への情熱を燃やしている。

展示風景

◆堤綾子展「炎とともに、半世紀…Vol.2」は3月24日(火)~30日(月)、午前10時30分~午後4時30分。会期中無休。カフェ&ギャラリー夢工房はつくば市豊里の杜2-2-5 。電話090-4676-9623

 

スポンサー