水曜日, 1月 27, 2021
ホーム つくば つくば、土浦では利用できず 県立図書館の遠隔地貸し出しサービス

つくば、土浦では利用できず 県立図書館の遠隔地貸し出しサービス

【相澤冬樹】インターネット予約により、茨城県立図書館(水戸市三の丸)の本を県内市町村の図書館で借りられるサービスが2月スタートしたものの、つくば、土浦の両市立図書館では今年度、利用できないことが分かった。NEWSつくばの取材に、両図書館とも参加の意向を示したが、つくばでは「早ければ4月にも」、土浦は「開始時期の見通しは立たない」と答えている。

県立図書館が始めたのは、遠隔地利用者貸し出しサービス「ぶっくびん」。同館の利用カードを持ち、連絡先のメールアドレスを登録すれば、同館ホームページで貸し出し予約ができる。申し込みの際に受け取り館を指定することで、メールで受け取り日が通知される。

同館では、県内の図書館などで本を融通し合う相互貸借を実施。17年度で約2000人が7500冊(返却数)を借りていた。これまでは予約時と受け取り時の2回、市町村の図書館に足を運ぶ必要があったため、自宅や職場のインターネットで資料検索した際などに「直接申し込みたい」という要望が寄せられていた。

同館のシステム改修が2月更新となることから、これに合わせ同サービスの導入が進められてきた。市町村の図書館と調整の結果、スタート時点で37市町村計50館が参加。つくば市、土浦市、稲敷市、下妻市など計6市町が参加を見送った。現在、県内44市町村全部に公立図書館があるが、県立図書館によれば水戸市は「遠隔地ではない」ため、当初から対象になっていないという。

これまでの経緯で、つくば市立図書館では負担金の扱いが問題となった。市から県へ約6万円の支出が生じるが、予算措置を講じられなかった。「県立図書館の利用カードを持っていれば、つくば市に在住・在学・在勤する者以外の貸し出しにも応えなければならないというのは即断しかねるところがあった」という。新年度予算の可決を待って、早ければ4月にも参加の段取りになっている。

土浦市立図書館では、貸し出しを同市の在住・在学・在勤者に限っておらず、たとえば土浦駅の通勤客が立ち寄って利用することも可能なため、来館者数が増大、利用形態もさらに複雑になっている。「窓口業務に委託業者が入っていることもあって、考えられる色々なケースへの対応を詰め切れなかった」という。参加の前提だが、サービス開始時期の見通しは立っていない。

「ぶっくびん」の詳細はこちら、一度に借りられるのは20冊(一般図書・雑誌は10冊)までで、予約から7-10日程度で受け取れる。取り置き期間は1週間。受け取り館か県立図書館の窓口に返却する。現時点では県立図書館にも両図書館にも、利用者からの直接的な問い合わせはないという。

スポンサー