水曜日, 1月 27, 2021
ホーム つくば 千差万別のソウルフード 「すみつかれサミット」 つくばで

千差万別のソウルフード 「すみつかれサミット」 つくばで

【相澤冬樹】北関東の一部の地方に伝わる郷土料理「すみつかれ」の多様なバリエーションを、食べ比べで楽しもうという「サミット」が16日、つくば市大角豆のコミュニティーマーケット「まめいち」で行われた。あいにくの雨もようとなったテント屋根の下、参加者らが味比べをして感想を述べあった。

「すみつかれ」は初午(はつうま)の日に、お稲荷様や氏神様に供えて食するソウルフード。栃木県では「しもつかれ」という名で浸透し、スーパーにも並ぶほどポピュラーだが、茨城の県西部から石岡、土浦の県南部にも分布するなかで「すみつかれ」とも呼ばれることが多くなる。

鬼おろしと呼ばれる調理器具で大根をおろし、節分の残りの炒り大豆を加えるまでは同じでも、サケを入れたり入れなかったり、酒粕を加えたりお酢を加えたり、煮込んだり加熱しなかったり、と組み合わせで味も見かけも千差万別になる。

この「すみつかれ」と「しもつかれ」の2つは別物だとして、収集や調理を通じて調査研究を始めたのが、つくば市の小池英治さん・容子さん夫妻で、すみつかれ楽会(がっかい)を立ち上げた。夫妻が運営する月例のコミュニティーマーケットで、「すみつかれサミット」は2月の定番行事となった。

6回目の今回は、初午(2月9日)から1週間後の開催。容子さんの自作と参加者の持ち寄りで合わせて10点が集まった。茨城県内各地と宇都宮市から収集されており、毎年出入りはあるものの、前回を2品上回った。参加者は口々に「そんなにおいしいものではないけれど」と言いながら次の皿に向かう。「くせになる」味のようだ。

楽会メンバーの古山菜摘さんが地図上にマッピングし、会場に張り出した。食材と調理法の組み合わせから、分布の特徴を探しているが、明確な違いは見出せていない。嫁入りによって実家の味が持ち出され、持ち込まれた先で家庭の味になる食文化で、郷土料理としては混在と消長を来している。

つくば市の浅野裕美さんは、実家の土浦市板谷に住む母親に作ってもらった品を持ち込んだ。「真壁(桜川市)の母の実家で作られていたものらしい。サケもニンジンも入って甘いのが特徴、おやつ代わりに食べた記憶がある」そうだ。

 

スポンサー