日曜日, 1月 24, 2021
ホーム つくば 沖縄の現在と戦後を伝える 島唄と美術がつくばでコラボ

沖縄の現在と戦後を伝える 島唄と美術がつくばでコラボ

【橋立多美】沖縄八重山民謡の第一人者と呼ばれる力強い歌声と、沖縄生まれの写真家と美術家が戦後から今のオキナワを伝える「南風の伝言2019」が、9月につくばで開かれる。島唄コンサートが14日つくばカピオホールで、写真と絵画の二人展が3日から16日まで県つくば美術館で開催される。芸術文化の振興を図り、特定非営利団体(NP)設立を目指している芸術文化振興NPO準備委員会が立ち上げた実行委員会(野口修代表)が主催する。

八重山民謡の大工哲弘さん

八重山のリズムで歌う島唄

「沖縄・島唄コンサート」に出演するのは、石垣島生まれの大工哲弘さん。八重山民謡の大家、山里勇吉に師事し、島唄や日本の唱歌を八重山のリズムで歌う。1994年にリリースした「沖縄を返せ」がヒットして注目された。八重山民謡を基本に世界の様々な音楽要素を取り入れて奥行きのある音楽世界を作り出し、海外公演歴も数多い。

大工さんは「終戦後、米軍占領下におかれた民衆が苦しみを吹き飛ばすために作った島唄は、民衆の汗と血の中から湧き出して今も歌い継がれている」と語っている。

写真と絵画が映し出すオキナワ

「鎮魂と不屈の沖縄」と題する二人展は、大戦後に糸満市で生まれた写真家、大城弘明さんとコザ市(現沖縄市)生まれの美術家、与那覇大智さんの計60点を展示する。

大城さんは戦争の爪痕を生活の中に見て育ち、少年の日の記憶をたどりながら沖縄の現状を撮り続けている。写真集「地図にない村」(2010年未来社)などを発表している。

大城さんの作品「傷だらけのヒンプン・糸満市喜屋武」

与那覇さんは沖縄が「日本化」する時代に育ち、沖縄県立芸術大卒業後、筑波大大学院を修了してつくば市に在住している。沖縄の歴史に向き合うことがなかったが、東日本大震災の原発事故で変わった。国や東電に対するやり場のない憤りが、戦後の沖縄につながったという。以来、不条理な連鎖が続く沖縄へのメッセージをアートの領域から発信している。

会期中の9月8日午後1時30分から3時まで、大城さんと与那覇さんのアーティストトーク「写真と絵画が映し出すオキナワ」が展示会場で繰り広げられる。

【沖縄・島唄コンサート】

▽日時 9月14日(土)午後6時30分開場、7時開演
▽入場料 一般前売り4000円、当日4300円。学生・障害者は3000円(全席自由)
▽会場 つくばカピオホール(つくば市竹園1-10-1)
▽会場ロビーで飲み物や軽食などを販売する予定
▽チケットのweb予約 https://artsnpo.wixsite.com/home
▽予約と問い合わせ 実行委の野口さん(090-8580-1288)

与那覇さんの作品「Home-裏庭の宴」

【二人展「鎮魂と不屈の沖縄」】

▽会期 9月3日(火)~16日(月・祝日)
▽入場無料
▽会場 県つくば美術館(つくば市吾妻2-8)
▽開館時間 午前9時30分~午後5時(最終日は午後3時まで、9日は休館)

「南風の伝言2019」の詳細は実行委員会ホームページで。企画のNPO準備委員会では、クラウドファンディングで会場費や運送費などの資金を募っている。申し込みはホームページで。

スポンサー