ホーム 文化 【戦後74年の夏】7 ドローンで見る廃墟 鹿島海軍航空隊跡地の風化 ㊦

【戦後74年の夏】7 ドローンで見る廃墟 鹿島海軍航空隊跡地の風化 ㊦

【相澤冬樹】病院関係者によって「霞ケ浦分院史」(1992年)が刊行されている戦後の記録に比べ、鹿島海軍航空隊時代の資料は皆無に等しい。海軍は終戦を前に記録類を徹底的に破棄し、機体などは戦後接収した米軍により処分されたという。証言できる人を探しても、村周辺にはまるで見つからなかった。

国立環境研究所の敷地の北側にこんもりとした森があり、誰いうとなく「アベック山」の名がついた。戦時中、航空隊の兵士が訪ねてきた娘との逢瀬(おうせ)に利用した森だというが、真偽のほどは分からない。しかし、地元の人間が好んで語るエピソードは、これくらいしかない。

航空隊員が見た夏の空

結局、土木建築群だけが戦争遺跡となった。ツタ草のからまる旧司令部庁舎はコンクリート壁の厚さが30センチ、天井までの高さが4メートル以上あるという頑丈な造りで、雨漏りにも持ちこたえている。霞ケ浦分院時代に内部が改造されたが、一部の部屋はヒノキの板壁でシャンデリアやセントラルヒーティングも完備していたという。煙突直下の建物は「気缶場」と呼ばれた。気缶(汽缶)はボイラーのことで、ここには暖房用石炭ボイラーがほぼ原形をとどめ残存している。

ドローンからだとむき出しになったボイラー棟の屋根の鉄骨越しに内部をのぞける。風雨にさらされ、室内にまで夏草が入り込んでいる。村によれば鉄骨に腐食は見られないことから修復は可能ということだが、耐震性など安全強度までは計られていない。煙突越しに機体を高度100メートル以上で飛翔させると、霞ケ浦の土浦入り北方の青空に筑波山の群青の双峰がとらえられる。航空隊員が見た夏の空もこんな景色だったろうか。

ほぼ原形をとどめ残存しているボイラーの焚き口

跡地活用基本構想に進展なく

美浦村は17年3月、同跡地活用基本構想をまとめた。①病院跡地②村域③広域-の3つのエリア単位で、それぞれに所在する資源を活用して文化や観光、レクリエーションの振興につなげようとしたものだ。

鹿島航空隊については「遺構を訪ねることができるよう整える」として、現況保全、防水・耐震補強等を施したうえで、見学ツアーや歴史体感イベントを展開するとしている。さらには道の駅やサイクリングステーションの設置、マリンスポーツ拠点、霞ケ浦巡回航路の整備などを提案している。

アイデア素材を列挙してまとめた内容で、事業規模も事業主体も定めないままの構想。2年以上を経過したが具体化に向けての取り組みはない。病院跡地について昨年11月、一般向け、有識者向けに公開する2日間の内覧会を行っただけだ。

内覧会でのアンケートでは、施設の一般公開を望む声が過半数に達したが、公開に先立っての学術的調査や安全性への配慮を求める声は根強くあった。公開方法についても「戦争遺跡である以上、平和学習、平和教育の意味を持った活用が大前提であり、その共通理解のもとで整備などを進めていく必要がある」などの意見が出された。

美浦村企画財政課によれば、「取り壊してソーラー発電所を拡張するようなことはない」そうだが、これらの論点の整理については未着手。どの方向に向かっていくかの見通しも立っていないという。

(シリーズ「戦後74年の夏」終わり)

➡【戦後74年の夏】6はこちら

スポンサー

LATEST

外国人、シングルマザー、障害者も 関彰商事、新社員寮完成(下)

【池田充雄】土浦市真鍋に完成した社員寮の設置趣旨として、関彰商事の山口政美広報部長は「当社で働くことのインセンティブとなる施設を目指した。特に外国人、シングルマザー、障害のある方など、これまでの独身寮では対応できなかった方々にも、この寮があるならと思ってもらえるようにした」と話す。 男子寮と女子寮には各1室、車いす利用者のための個室が設けてある。付帯のユニットバスには手すりなどを備え、浴槽への移動を容易にした。個室の場所はエレベーターの側で動線が短く、もちろん館内はバリアフリーだ。女性家族寮は、シングルマザーが小学生以下の子どもと住む想定で、広いLDKと寝室を備えている。 十分な広さがある車いす室のトイレ 多様な社員が互いを尊重し成長する職場へ また寮だけに限らず、社員同士が性別、年齢、国籍、障害の有無などを超えてお互いを尊重し、それぞれの強みを生かしながら成長できる、働きやすく働きがいのある職場づくりにも励んでいる。

さらに2人感染、計15人に つくばの高齢者施設 新型コロナ

つくば市内で新型コロナウイルスの感染が確認された同市北条、介護老人保健施設アレーテルつくば(運営・恵仁会)の40代女性職員の濃厚接触者について、県は6日、さらに2人が感染していることが判明したと発表した。同施設での感染者は計15人になる。 2人は、土浦市に住む同施設職員の40代女性と、つくば市に住む入所者の90代女性。いずれも2日に発熱し、現在、咳などの症状がある。 6日は施設の入所者と通所者、職員と家族の計24人のPCR検査を実施し、22人は陰性だった。県は濃厚接触者をさらに調べている。 「施設関係者は首都圏の人との接触自粛を」 一方、大井川和彦知事は6日の記者会見で、県内でこれまでに発生した4つのクラスターのうち、つくば市の筑波記念病院と社交ダンススクールのクラスターについて、経過観察期間が過ぎたのでこれ以上の感染拡大はないとした。 その上で、県内のこれまでの感染状況について、茨城県の場合、知らないところで感染が拡大しているということではなく、県外からやってきた人と濃厚接触者の範囲でとどめていると強調した。

一転、5月6日まで休校 県南の県立高校 新型コロナ

6日新学期が始まった県立高校について、大井川和彦知事は同日、東京への通勤者が多いつくば、土浦市などの県立高校や中等教育学校を、ゴールデンウイークが終わる5月6日まで臨時休校にすると発表した。 3日時点で大井川知事は、県内の新型コロナウイルス感染者の発生状況から感染の連鎖を止められているとして、県立高校は6日から通常通り再開するとしていた。しかし新学期スタート初日に方針を見直す。東京との交流人口が多いことから県が「感染拡大要注意市町村」に指定した、つくばエクスプレス(TX)や県南の常磐線沿線など10市町に立地する県立高校32校をさらに1カ月間、臨時休校とする。 7日は通常通り入学式を実施し、8日からゴールデンウイーク明けまで臨時休校となる。 大井川知事は方針を一転させた理由について、3日の発表後、インターネットやその他で心配する声が大変多く寄せられたとし「恐怖心、心配、不安が強い中でこれ以上無理に学校を再開しても、逆に不安な心理の中で通常の学校生活が送れないのではないか」と判断したと説明した。 TX沿線や県南の常磐線沿線市町の住民に3日、平日夜間と週末の外出自粛を呼び掛けたことに触れ「予防的な措置として外出自粛を要請したが、それが引き金となって不安感が増して休校を求める声が多くなっていった」とし「不安な心理の中で学校を続けることはマイナスの方が大きい」とした。 休校期間については夏休みを短縮することで取り戻すことを検討しているという。

つくば市長、受け入れに難色 日本財団9000床整備計画

【鈴木宏子】新型コロナウイルスの感染拡大による医療崩壊を防ぐため、日本財団がつくば市南原、つくば研究所跡地に軽症者向け病床約9000床を7月末までに整備すると発表した問題で、地元の五十嵐立青市長は6日の定例記者会見で、「住民理解が不可欠だが、プロセス構築が極めて困難」だなどとして、受け入れに難色を示した。 五十嵐市長は「すでに医療崩壊が起き始めており7月末では間に合わない。筑波大附属病院は800床、9000床は全国どこにもない規模。移送体制や医療従事者はどう確保されるかなどさまざまな課題をクリアしなくてはならない」などと話した。 課題として①研究所跡地に残っている建物を取り壊すので7月末までという時間が掛かってしまう②施設に他地域の患者や医療従事者を移送することに課題がある③大規模施設は住民理解が不可欠だが、市役所職員は市内の感染拡大防止に集中しており、住民理解を得るためのプロセス構築は極めて困難ーと指摘した。 これに対し日本財団経営企画広報部は「ご理解いただいた上で、つくば市や茨城県と協議しながら進めていきたい」としている。 新型コロナウイルス感染者の軽症者向け施設として県に提供された、ゆかりの森 宿舎あかまつ森のセンター=つくば市遠東
おすすめ