ホーム 土浦 「グリム童話賞」応募7年目で大賞 美浦の伊東葎花さん

「グリム童話賞」応募7年目で大賞 美浦の伊東葎花さん

【相澤冬樹】我が子への読み聞かせをアレンジしているうち、お話はいつかオリジナルになり、やがて文章につづられてネットデビュー、作品を積み重ねてついには公募のコンテストで「大賞」を射止めるまでになった。美浦村在住、土浦市内で事務のアルバイトをしている主婦、伊東葎花(いとうりつか=ペンネーム)さんは、「グリムの里いしばし」(栃木県下野市)主催の第19回グリム童話賞で大賞に選ばれ、2月9日の表彰式に臨む。

同賞は400字詰め原稿用紙10枚以内という小品が対象の公募コンテストで、童話作家の登竜門的な存在になっている。伊東さんの受賞作は「コハク日記」。亡くなった愛犬の代わりに少女に贈られたロボット犬の話。講評では「童話として温かさを感じるだけではなく、日本の伝統的な精神性も感じさせ、審査員の共感を集めた」という。

伊東さんは同賞にこれまで7年連続で応募してきたが、入賞歴すらなかった。毎年「月」や「山」などのテーマが設定され、戌(いぬ)年の昨年は「犬」がテーマだった。「犬は飼ったことがないから、リアリティーをもって描けない気がしてロボット犬を視点の中心に据えた。書き上げてみると手応えを感じた」そう。だから新年に入って、主催団体から通知が届いたとき、「やっと入賞できた」と確信して封を切ったのだが、中から「大賞に選ばれました」の紙片が出てきてあっけにとられたという。例年以上の450点もの応募があったと聞いた。

今、23歳になる一人娘の幼少時、枕元で読み聞かせをしたのが童話づくりの原点。自分なりにアレンジして作り替えているうちに「お母さんの話の方がおもしろい」と大喜びしてくれた。娘が小学校高学年になると、文章にするよう勧められ、創作をブログで発表するようになった。仕事のない日や家事の合間に時間を見つけては執筆するスタイルで、約10年間書き続けた。ブログは文章だけのショートストーリーだが、これまでに発表した作品は900本にも上る。

ブログにはファンがつき、コンテストへの応募や出版を勧めるものも少なくなかった。「公募ガイド」誌で小説家の阿刀田高が選者となっているコーナーに応募し、4回ほど最優秀賞をとるなどしており、日本児童文学者協会編「百物語5―奇妙のとびら」(文渓堂)にも作品が収められている。「皆さんの応援で少しずつ長編にも挑戦している」とさらなる意欲を見せている。

今回の受賞作は、2月10日から下野市グリムの里で開催の「第38回企画展」会場で展示され、入賞作品を掲載した「作品集」は電子書籍(pdfファイル)として販売される。今のところ紙媒体での出版計画はない。

▽グリムの里ホームページ:http://www.grimm-no.net/index_p.htm
▽ブログ「りんのショートストーリー」:https://rin-ohanasi.blog.so-net.ne.jp/

スポンサー

LATEST

【霞月楼コレクション】8 一色五郎 地域を愛し地域に愛された彫刻家

塑造のように柔らかな写実表現 霞月楼にある「白鷺(しらさぎ)」は、一色五郎が土浦に帰郷した頃の作品だ。冠羽や尾羽の優美な曲線など、実物かと見まがうほど写実的に表現されている。これは油粘土や石こうで造った原型を、星取り法という技術で木彫に起こしたため。 「白鷺」1947年頃、木彫彩色、高さ26cm、霞月楼所蔵 星取り法は明治期に導入された西洋の石彫技術で、東京美術学校で木彫に応用され広く普及したが、戦後は顧みられなくなった。「身近に残るものではこの白鷺くらいか。素晴らしい出来で僕も大好きな作品。大事にされているのはありがたい」と、五郎の子で牛久市在住の彫刻家・一色邦彦さんは話す。 ちなみに五郎の妻・千代子の実家は当時土浦で名をはせた料亭・日新楼で、霞月楼からは本家筋に当たる。

【気分爽快 りんりんロード】3 自転車好きとラーメン好きのクロスロード

サイクリストのためのラーメン店「カフェと迷ってラーメン屋」が20日、霞ケ浦総合公園のすぐ近く、土浦市大岩田にオープンする。店を切り盛りするのは柴沼政寛さん(53)と律子さん(51)夫婦。ともに水戸市で公立中学校の教員をしていたが、自転車好きとラーメン好きが高じて、職を辞し、土浦に転居してきた。 ユニークな店名は、政寛さんの「その瞬間に一生懸命なら、貫かなくてもいい、諦めたっていい、迷ったっていい」という思いから付けた。政寛さんは大学時代、自転車競技に打ち込んでいた。しばらく乗ることがなかったが、5年前子供が独立したのをきっかけに久しぶりにロードバイクに乗ってみたそうだ。自転車はのんびり漕ぎながら景色を眺める楽しみもあれば、筑波山や愛宕山に登り体を鍛えることもできる。 平坦なスプリントを走る自転車競技とは異なる楽しみを見つけたという。水戸からよく、つくば霞ケ浦りんりんロードを訪れた。霞ケ浦も筑波山にもアクセスがいい土浦には特に心惹かれたそうだ。自転車は1人で楽しむこともできるし、仲間で走ることができることも魅力的だと話す。 律子さんが初めてロードバイクに乗ったのは3年前。その楽しさにすっかり虜になったという。「初めて乗った時、その軽さに驚いた。漕いでも漕いでも疲れないし、私にもできるんだと思った。何十キロ走っても疲労感がない。夜少し疲れたかな? と思う程度。景色が見ながら漕ぐのが本当に気持ちよかった」 土浦の食材を使ったラーメン

つくば市が警察に被害届 事業ごみ不正積み替え問題

つくば市内のごみ収集業者が、事業系ごみの一部を家庭ごみに不正に積み替えて、市のごみ焼却施設に搬出していた問題(9月1日付)で、同市は18日、不適正な処理があったとして、つくば警察署に被害届を出したと発表した。併せて同日、市がこの業者に委託していた家庭ごみ収集委託契約を解除し、違約金として約850万円を請求した。 この業者は、つくば市谷田部の江原工業所で、市環境衛生課によると、市内外の飲食店や事務所などから料金をもらって収集した事業系ごみの一部を、自社の敷地内で、処理料が無料の家庭ごみ収集車に不正に積み替えて、10キロ当たり190円の処理料を市に支払わず、市のごみ焼却施設に搬出していたとされる。 同社は事業系ごみを収集・運搬する許可を同市から受けているほか、同市の委託を受け、谷田部地区の一部で家庭ごみを収集運搬しており、事業系ごみと家庭ごみの両方を収集運搬できる立場を利用したとみられる。 市によると、3月に元従業員から告発があり、4~6月に市ごみ焼却施設のごみ搬入データを分析、同社に立ち入り調査などを行った。同社は7月、市に不正を認める上申書を出したという。 同社がどのくらいの期間、どのくらいの量を不正に積み替えて、市にいくらの損害を与えたかについて市は、今後、警察の捜査に協力していきたいとしている。 一方、市は同社の不正を見抜けなかったことから、今後の再発防止策として、家庭ごみに事業系ごみが混じってないか、収集車を月数回、抜き打ちで調査するほか、ごみ収集委託業者を随時立ち入り調査するなどとしている。

22施設を認定 自転車観光にやさしい宿

【山崎実】つくば霞ケ浦りんりんロードで、茨城県はサイクルツーリズム(自転車観光)を楽しむためのサイクリストに「やさしい宿」の第1次認定として、沿線10市の22施設を認定した。 自転車の保管場所がある、チェックインの前後にフロントなどで荷物の預かりができる、自転車の宅配受け取りや配送が可能、スポーツバイク対応の空気入れや工具類の貸し出しができるーなどを条件に県が認定制度を設けた。 りんりんロード沿線14市町村にあるホテルや旅館、民宿などの宿泊施設が対象となる。 県は今後、りんりんロードのホームページで認定施設ごとの詳しい内容を掲載し、情報発信を行うと共に、随時申請を受け付け、サイクリストに「やさしい宿」の充実を図っていく。 さらに「全県的なサイクルツーリズムの展開に併せ、対象地域を拡大していきたい」としている。
おすすめ