Calendar

    2月
    14
    豆乳プレゼントキャンペーン @ 日本豆乳協会
    2月 14 @ 12:00 午前 – 3月 20 @ 11:45 午後
    豆乳プレゼントキャンペーン @ 日本豆乳協会 | 千代田区 | 東京都 | 日本

    2019 年の豆乳生産量40 万㎘達成を記念して、日本豆乳協会加盟企業の豆乳セットを合計40 名にプレゼント

    日本豆乳協会特製エコバッグ(2000円相当)、加盟企業各社の豆乳セット(4000円相当、200ml・40 本)、日本豆乳協会推奨の「豆乳レシピ集」(コンテスト入選作集)等をセットにして、計40人にプレゼントする。

    応募方法は、官製はがきに住所、氏名、電話番号を明記し、〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-7-4 青山小林ビル5F
    株式会社VAインターナショナル「豆乳セット」プレゼント(NEWSつくば)係宛て申し込む。

    応募締め切り 2020 年3 月20 日 当日消印有効。当選者の発表は発送をもって代える。

    電話相談「労災・職業病」 @ 茨城労働相談センター
    2月 14 @ 10:00 午前 – 2月 23 @ 6:00 午後

    職業病といえる健康被害が社会問題化しているにもかかわらず、長時間勤務による脳血管疾患や過重業務による精神疾患、行動の障害などが後を絶たない。ひとたび労災事故に遭うと職場復帰も難しくなり、悩みを抱える労働者を多く見かける。労災や職業病に悩む労働者を対象に電話相談を行う。

     

     

    2月
    15
    新規メンバー募集 宍塚の自然と歴史の会自然農田んぼ塾 @ 宍塚大池周辺の里山
    2月 15 @ 10:00 午前 – 3月 21 @ 5:00 午後

    不耕起、無農薬、無施肥で9種類のコメを育てる。

    4月の種まきから翌年1月の収穫祭まで、月1~2回の作業になる。

    開講式と種まきは4月11日午前9時30分~正午

    収獲したコメは格安で分ける。

    募集人数20人、参加費1000円(認定NPO宍塚の自然と歴史の会会員は無料)

    カラー×ファッション×メイク体験イベント @ イヴ・ガーデン カフェ
    2月 15 @ 10:30 午前 – 4:30 午後

    東京・麻布十番にあるカラースクールが、つくばのカフェで開くおしゃれ体験イベント。各60分コースで①カラー×メイク×ファッションを一度に体験「3種のワンデーレッスン」(10:30~定員10人、3500円)②自分に似合う服「骨格診断セミナー」(12:45~同)③神山瑶子による色彩心理セミナー(15:30分~同)ほかカラー分析アドバイスなど。全講座要予約(料金は税別、ワンドリンクオーダー制)

    SDD IBARAKI ライブビューイング 2020~ あなたには何ができますか?飲酒運転をなくすために。 @ つくば国際会議場 大ホール
    2月 15 @ 2:30 午後 – 5:00 午後

    飲酒運転をなくそうというプロジェクトで、同日に大阪城ホールで開催されるライブ SDD 2020のライブビューイング。

    2000円の参加費は募金として、交通遺児の育成基金(SDD基金)に全額寄付する。

    出演アーティストは、STARDUST REVUE / TRF / 藤井フミヤ / Sonar Pocket / 家入レオ / 水谷千重子 / 和楽器バンド / CrazyBoy / 西川貴教 / HANDSIGN / FANTASTICS from EXILE TRIBE / Dream Shizuka / 川口レイジほか

    総合司会は小倉智昭

    2月
    17
    タウンミーティングinつくば~今こそ、障害者差別解消法の見直しを!~ @ つくば市役所 コミュニティ棟
    2月 17 @ 10:00 午前 – 12:00 午後

    障害者差別解消法が始まって3年が経過、見直しの時期を迎えたことに合わせ、同法の現在の問題点などを学習する。

    講師はDPI(障害者インターナショナル)日本会議議長補佐の崔栄繁(さい・たかのり)さん。崔さんは同法、障害者権利条約、障害児教育、雇用問題などの専門家で、2002年から8回にわたり開催された国連の特別委員会に日本障害フォーラム(JDF)のスタッフとして参加するなど国際的な活動に奔走している。

    同日は障害者差別解消法の問題点のほか、現在、内閣府で議論が行われ2月にも政策委員会から出される意見とその内容、今夏の国連障害者権利条約の実施状況に関わる日本の初審査(建設的対話)などについて学習する。

     

    2月
    20
    地域の絆フォーラム2020 見守りで紡ぐ地域の安全 広げよう! 見守り活動 @ ホテルグランド東雲
    2月 20 @ 1:00 午後 – 4:00 午後

    地域における連携の在り方や見守り活動の必要性を共に考え、また理解を深めるためのフォーラム。1部の基調講演と2部のシンポジウムで構成。

    基調講演は東洋大学ライフデザイン学部教授・山本美香さんによる「広がる、お互いさまの気持ちとつながりづくり」。シンポジウムは同教授がコーディネーターを務め、地域アドバイザーを元室生内科医院の院長だった室生勝さん、シンポジストには谷田部地区ふれあい相談員で東小学区「きずなネットワーク運営協議会」代表の笹澤浩子さん、多機能サロン「たのし家」の犬丸久美子さんと新井理恵さん、茎崎地域包括支援センター所長の川村健二さんが登壇する。

    入場無料、事前申し込みが必要。電話またはメールで。

     

    2月
    23
    県弁護士会 講演会「憲法とは何かを考える~家族・平和・人権」 @ 県南生涯学習センター
    2月 23 @ 1:30 午後 – 4:30 午後

    基調講演の講師は、九州大学の南野森(みなみの・しげる)教授。元AKB48メンバーの内山奈月さんとの共著で話題の「憲法主義」の著者として知られる。憲法の大切さ、平和主義と改憲問題、憲法と家族の問題などについて講演する。

    続くパネルディスカッションは、南野教授に加え、LGBT支援団体のレインボー茨城前代表の滑川友理水戸市議、憲法落語で人気の飯田美弥子弁護士(八法亭みややっこ、県弁護士会)が登壇する。「憲法と家族」をテーマに議論する。

    3月
    9
    「直筆原稿に見る詩の世界」展 @ ブックセンター・キャンパス古書店
    3月 9 @ 10:00 午前 – 4月 26 @ 4:00 午後

    日本を代表する詩人たちの直筆の詩原稿を展示する。串田孫一の「十月の蝉」、黒田三郎の「夕焼け」、石垣りんの「帽子」、茨木のり子の「旅で出会った無頼漢」など。
    書き直した跡など、作者の推敲がうかがえて興味深い。
    直筆の原稿を間近に見るめったにない機会。古書店のショーケースに展示されている。

    3月
    24
    堤綾子展「炎とともに、半世紀…Vol.2」 @ Cafe&Gallary夢工房
    3月 24 @ 10:30 午前 – 3月 30 @ 4:30 午後
    堤綾子さんの作品