Calendar


1月
6
「ポピュラーサイエンス」70年前の科学雑誌が見た世界 @ 古書店 ブックセンター・キャンパス
1月 6 @ 10:00 AM – 1月 31 @ 4:00 PM

70年前の科学雑誌「ポピューラー・サイエンス」日本語版計78冊を店内ショーケースに展示する。1947年11月号から51年12月号までは全号揃い、52年から57年までは不揃い。特集号もある。

火曜定休。店舗裏に駐車場有り。

1月
17
賃金不払い・遅配ホットライン
1月 17 @ 10:00 AM – 1月 26 @ 6:00 PM

毎月テーマを決め、ホットラインを開設している。1月は賃金不払い・遅配に焦点を当てる。

労働基準法第24条では「賃金は毎月1回以上、一定の期日を定めて支払わなければならない」と定められているにもかかわらず、使用者による賃金の不払いや遅配で苦悩している労働者が少なからずいる。賃金の不払い、遅配で苦悩している労働者の電話相談に応じる。

1月
19
吉田正雄の世界展Ⅱ~土浦とパリ、バリ @ 土浦市民ギャラリー
1月 19 @ 10:00 AM – 1月 26 @ 6:00 PM

吉田正雄(1935~98)は土浦出身の洋画家。没後の99年に作品展を開催して以来、20年ぶりの作品展になる。

1月
25
県霞ケ浦環境科学センター公開セミナー「変化する水環境と生態系」 @ 茨城県霞ケ浦環境科学センター 多目的ホール
1月 25 @ 1:30 PM – 4:00 PM

日常生活に身近な河川、湖沼などの水環境は、気温や日照時間、降雨など様々な変化の中で、長期的には世界的な気候変動の影響による生態系への危惧が懸念されている。そこで県民の水環境への理解を深めてもらおうと企画された。同センターの日頃の研究成果もポスター発表される。

セミナーでは、福島武彦センター長のセミナー開催の趣旨あいさつに続き、国立環境研究所生物・生態系環境研究センターの山野博哉センター長が「気候変動と海の生物―サンゴ礁の急激な変化」と題して基調講演を行う。次いで筑波大学生命環境系の大森裕子助教が「海の香りが雲を作る―海洋微生物由来の硫化ジメチルと地球環境との関わり」、霞ケ浦環境科学センター湖沼環境研究室の小室俊輔主査が「北浦の水質をひもとく―水環境・貧酸素水塊の発生」についてそれぞれ事例紹介する。

音屋セミナー8 @ コーヒー & ジャズ ノーチラスカフェ
1月 25 @ 7:00 PM – 8:30 PM

2019年1月から開催しているセミナーの8回目。
行方洋一さんのこれまでの録音仕事にまつわる裏話。今回はビートルズ、ピンク・フロイドのリマスター盤作成について。
実際に音源を聞きながらのセミナー。初心者から上級者まで楽しめる。
2月
8
鷹匠裕トークイベント 「会社員から作家になって思うこと」 @ 土浦市立図書館 4階ロフト
2月 8 @ 1:30 PM – 3:00 PM

人生 100 年時代を迎える中、多くのサラリーマンの定年後のヒントになるトークイベント。

鷹匠裕(たかじょう・ゆたか)さんは、博報堂でコピーライター、CM ディレクター、デジタルプロデューサーを歴任し、 2016 年退社。 現在作家として活躍している。

2月
15
SDD IBARAKI ライブビューイング 2020~ あなたには何ができますか?飲酒運転をなくすために。 @ つくば国際会議場 大ホール
2月 15 @ 2:30 PM – 5:00 PM

飲酒運転をなくそうというプロジェクトで、同日に大阪城ホールで開催されるライブ SDD 2020のライブビューイング。

2000円の参加費は募金として、交通遺児の育成基金(SDD基金)に全額寄付する。

出演アーティストは、STARDUST REVUE / TRF / 藤井フミヤ / Sonar Pocket / 家入レオ / 水谷千重子 / 和楽器バンド / CrazyBoy / 西川貴教 / HANDSIGN / FANTASTICS from EXILE TRIBE / Dream Shizuka / 川口レイジほか

総合司会は小倉智昭

2月
17
タウンミーティングinつくば~今こそ、障害者差別解消法の見直しを!~ @ つくば市役所 コミュニティ棟
2月 17 @ 10:00 AM – 12:00 PM

障害者差別解消法が始まって3年が経過、見直しの時期を迎えたことに合わせ、同法の現在の問題点などを学習する。

講師はDPI(障害者インターナショナル)日本会議議長補佐の崔栄繁(さい・たかのり)さん。崔さんは同法、障害者権利条約、障害児教育、雇用問題などの専門家で、2002年から8回にわたり開催された国連の特別委員会に日本障害フォーラム(JDF)のスタッフとして参加するなど国際的な活動に奔走している。

同日は障害者差別解消法の問題点のほか、現在、内閣府で議論が行われ2月にも政策委員会から出される意見とその内容、今夏の国連障害者権利条約の実施状況に関わる日本の初審査(建設的対話)などについて学習する。

 

2月
20
地域の絆フォーラム2020 見守りで紡ぐ地域の安全 広げよう! 見守り活動 @ ホテルグランド東雲
2月 20 @ 1:00 PM – 4:00 PM

地域における連携の在り方や見守り活動の必要性を共に考え、また理解を深めるためのフォーラム。1部の基調講演と2部のシンポジウムで構成。

基調講演は東洋大学ライフデザイン学部教授・山本美香さんによる「広がる、お互いさまの気持ちとつながりづくり」。シンポジウムは同教授がコーディネーターを務め、地域アドバイザーを元室生内科医院の院長だった室生勝さん、シンポジストには谷田部地区ふれあい相談員で東小学区「きずなネットワーク運営協議会」代表の笹澤浩子さん、多機能サロン「たのし家」の犬丸久美子さんと新井理恵さん、茎崎地域包括支援センター所長の川村健二さんが登壇する。

入場無料、事前申し込みが必要。電話またはメールで。