カフェ開放し健康教室 看護師ら月1回予防法など伝授 つくば双愛病院

資料やスライドを見ながら寺田さん(左端)の説明を聞く参加者たち=つくば市高崎

【橋立多美】つくば市茎崎地区の総合病院「つくば双愛病院」(青柳啓之院長、病床数162床)の看護師らが毎月1回、無料の健康教室「けんこう教室&カフェ」を開いている。健康で安心して暮らせる地域づくりを支援する活動で、1階のカフェテリアを開放し会場に充てている。茎崎地区ばかりでなくだれでも参加できる。

2月は、これからも健康寿命de行こう! シリーズの3回目で「誤嚥(ごえん)性肺炎を予防して元気でいこう!」をテーマに16日開催され、地元住民20人が参加した。

誤嚥とは、唾液や食べ物などが本来流れ込むはずの食道ではなく気官に入ってしまうこと。そこにばい菌が繁殖すると肺炎を引き起こす。

看護師の松田直美さんが、映像を使いながら誤嚥性肺炎を予防するための口腔ケアと嚥下体操を分かりやすく説き、参加者たちは静かに聴き入った。歯と口中を清潔に保つための毎食後の手入れと、飲みこむ力を鍛える首や肩、頬などの運動や発音など、自宅でできるトレーニングを学んだ。

説明後、参加者から「歯磨きの時の歯磨剤は毎回付けたほうがいいか」「ガムはいいか」「マウスウォッシュを使っているが歯ブラシのほうがいいか」の質問が上がった。松田さんは研磨剤が入った歯磨剤は十分なうがいを促し、ガムは唾液を出して噛む筋力を付けると答えた。また、口中のばい菌を取るには歯磨きがベストとした上で、自分で歯磨きができない人や水がない場合は口腔ケア用ウェットシートが販売されているとアドバイスした。

2回目の参加だという渡辺孝雄さん(75)、文子さん(同)夫妻は「知識を吸収でき、教室で知り合った人と交流するのも楽しみ。これからも参加したい」。津久井道子さん(72)は「これまでは食べることを単純に考えていたが、さまざまな筋肉が動いていることを知った。シニアに必要な事をこれからも取り上げてほしい」。

松田さんは「誤嚥性肺炎の怖さが知られるようになりましたが、予防医学も普及させなければと思っています」と頬を引き締めた。

◆次回のけんこう教室&カフェは3月16日(金)午後2時30分からを予定。茎崎地区を問わず、誰でも参加可。参加費無料。問い合わせは029-873-2771(教室事務局の寺田さんまで)