「つちうら横丁」オープン 桜町3丁目 店持ちたい人がチャンレジ

つちうら横丁外観

【鈴木宏子】自分の店を持ちたい人がチャレンジできる、飲食店などの複合施設「つちうら横丁」が15日、土浦市桜町3丁目にオープンした。同市中心市街地活性化基本計画の認定を受けた民間主導の事業で、にぎわいづくりが期待されている。

中川清市長(左から4人目)らとテープカットする塚崎雅之社長(同5人目)

鉄骨造り2階建て、延床面積約490平方メートルの施設に、1区画当たり4坪(約13平方メートル)から9坪(約30平方メートル)の店が計18区画集まる。各店の座席は10~15席程度。1階と2階にそれぞれテーブルやいすが並べられた広い共有スペースがあり、各店で購入したメニューを食べることもできる。

家賃は月額約4万5000円~11万円。200~300万円くらいの自己資金があれば開業でき、一人で切り盛りできる広さだという。入居店は、3年程度を目安に横丁で店を運営して自信を付け信用を得てもらい、その後、中心市街地の空き店舗などに新たに開業して、にぎわいを創出してもらうのが狙いだ。

元土浦青年会議所で活動し、全国各地のまちおこし事業を見て歩いた塚崎雅之さんが構想を温めてきた。塚崎さんが社長を務めるイープラス空間設計(東京都千代田区)が施設を建設した。今後、土浦青年会議所のメンバーらで事業組合をつくり横丁を運営していくという。

15日時点で、居酒屋、バー、ラーメン店、ケーキ店など計8店が開店した。3月中に、焼き鳥店、焼き肉店、ベトナム料理店など6店がさらにオープンする予定という。

塚崎社長は「全国150カ所ほどを回り、各地の特色ある横丁を見てきた。2、3年前から土浦に横丁をつくりたいという思いを抱くようになった」と述べ「誰もが、店を持ちたいという夢を持ったとき、地域の力や行政が応援し、さらに『つちうら横丁』が起爆剤となって、中心市街地に店がどんどん増えていけば」と思いを話した。

15日には開所式が催され、中川清市長、海老原一郎市議会議長、中川喜久治土浦商工会議所会頭らがテープカットした。中川清市長は「中心市街地のにぎわいづくりをされている方の創業意欲の喚起につながり、地域に親しまれる横丁になってほしい」と語った。

写真左上から右下へ ダイニングキッチン「雅」、バースデーギフト&ケーキ「土浦スイーツ」、麺屋「のらくま」、おでんや「こばん」

◆「つちうら横丁」は土浦市桜町3丁目3-15。問い合わせは電話029-843-8588(雅電設内)。

15日までにオープンした8店は
▽ダイニングキッチン「雅(みやび)」
▽バースデーギフト&ケーキ「土浦スイーツ」
▽麺屋「のらくま」
▽おでんや「こばん」
▽和み処「なにぬねの」
▽カラオケBAR「千代」
▽ほぐし屋「かみやの手」
▽インテリアショップ「e-Room」

写真左上から右下へ 和み処「なにぬねの」、カラオケBAR「千代」、インテリアショップ「e-Room」、ほぐし屋「かみやの手」