800人がいも掘り体験 茎崎住民の人気行事、今年も

大きく育ったサツマイモに笑顔を見せる家族=つくば市茎崎の柳田農場

青少年の健全な育成を目的に活動している「青少年を育てるつくば市民の会・茎崎支部」(深利正子支部長)が10日、親子ふれあい事業「さつまいも掘り」を行い、秋晴れの下約800人が参加して大きく育ったサツマイモの収穫を楽しんだ。

同会は1967年に設立した青少年育成茨城県民会議の会員団体。地元の柳田農場の協力で続いているサツマイモ掘りは地区住民の人気行事として定着している。定員700人だったが数日で800人を超える参加申し込みがあり、収穫は1人4株、家族5人までとして住民の期待に応えた。

地面を覆うツルを切り取った1.5haの畑で、父母や祖父母と一緒になって子どもたちがサツマイモ掘りに挑戦した。大きく育ったサツマイモは簡単に抜けず、「ぜんぜん抜けなーい」と苦戦しながら掘り進み、やっと抜けると「やったー、大きくて太い」と歓声が上がった。

民生委員や区長たちで構成された執行委員らが準備や運営を担う。住民が引き揚げた後は、取り置いたサツマイモを茎崎地区の小中高校、茎崎交番や市南消防署茎崎分署に届けるのが恒例だという。深利支部長は「地域全体で子どもたちの育成を見守っていきたい」と話す。