月曜日, 11月 28, 2022
ホーム つくば ツクバブルーを世界へ! 渋谷怜さん【染色人を訪ねて】2

ツクバブルーを世界へ! 渋谷怜さん【染色人を訪ねて】2

濃紺の軽トラックが、研究学園都市の幹線道路をさっそうと走る。メーカーカタログには見られない車体色。よく見るとハンドメイドで塗装した刷毛(はけ)の跡がそこかしこにある。その濃紺の車体に、白く刻まれた「TSUKUBA BLUE(ツクバ ブルー)」の文字。

それが、藍師をめざす渋谷怜さん(39)の染色に掲げたテーマだ。

渋谷怜さん

「かつてはどんな地域にも存在した紺屋(こうや)という職種を、つくばの住人になって、いろいろな縁をいただく中で知りました。紺屋が営んでいた天然素材を使った藍染の古く繊細な技術を今の世の中に呼び覚まし、つくばの地から広い世界に届けていきたい。そんな願望が、ツクバブルーという言葉になりました」

渋谷さんはもともと、東京住まいのアウトドア製品メーカーの社員だった。子供が生まれ、のびのびと子育てをしたいという夫婦の希望が、メーカーのつくば支店開設と合致し、店長として転勤しながら、居をつくば市に落ち着かせた。

「まだつくばの住人になって8年ほどです。あるとき、家族でデイキャンプに出かけたのですが、そのとき隣のサイトでワイワイとやっていたのが、染色家の丹羽花菜子さんのご主人でした。彼も私と同業者で意気投合することになり、その後、子供を通わせた保育園で、丹羽さんのお子さんも一緒であることを知り、花菜子さんの藍染を体験させていただいたことが転機になりました」

ツクバブルーの軽トラック

渋谷さんは興味を持ったものに対して没頭する性格だった。この出会いと前後するが、自転車のメカニズムにひかれて車体を分解して組み立て直したり、ミシンに高じてお子さんの服を自ら縫ってみたりのトライアルをいくつも行ってきた。そのひとつが、縫い上げたお子さんの服を使った藍染だ。

「自分の作業で青く染まっていく服を眺めながら、背中を突き動かされるんです。もう、まさしく、これだ!と」

丹羽さんの工房で藍染の歴史や技術を学ぶ中で、原料である蓼藍(たであい)がつくばの地では不足していることや、そもそも紺屋という地域の職種が衰退していることにも思うところがあり、仕事を辞した。

「もちろん、仕事にはやりがいを感じていましたが、家族と一緒に過ごせる時間をもっと大事にしたいという気持ちが本心です。それをかなえながら、打ち込めるもの。藍染には今の自分が打ち込める魅力があります」

つくば市内の蓼藍畑

知人であり藍を生産している未来農家GoRe3の鈴木聡さんとともに蓼藍畑を耕した。昨年、つくば市のマルシェイベントに参加し、蒅(すくも)を使わず直接染められる「生葉(なまば)染め」をアピールした。つくばエクスプレスつくば駅前のペデストリアンデッキで、プランターに植えた蓼藍から採取した生葉の緑色が、布地を青く染めていく様子は、イベントに訪れた人々の関心を集めたという。

「私自身はこのイベントには1回しか出られなかったのですが、蓼藍づくりを協力してくれる農家や仲間たちに助けられました。このメンバーと、『チーム ペリヘリオン(太陽と惑星の近日点のこと)』を立ち上げ、藍染の文化をよみがえらせ、例えばキャンプ用のタープや、オリジナルTシャツを制作して、ツクバブルーというブランディングを実現したい」

渋谷さんの見ているツクバブルーの青は、まだどんな色なのか誰も知らない。渋谷さん自身が駆け出しで、青の持つ言葉やイメージの領域の広さに戸惑うこともある。ひとつ言える確かなことは、藍染と出合い、創造の戸口に立った渋谷さんのすべてがそこに凝集している。

体験イベント

「染色のための設備はこれから整えていくので、作業自体は桜川市(真壁地区)の藍保存会の皆さんにお世話になっています。私自身は蓼藍を蒅に変え、つくばの特産品に育てていきたい。染め上げた二次製品の数々を介して、つくば発の藍染という小さな産業と文化を送り出していきます」

「わくわくすること、興味を持ったことにはじっくりと取り組んでほしい」—。これは渋谷さんの、昨年亡くなられた妻の願いだという。過ぎ去った時間は戻らないが、渋谷さんが作り出す藍染とその手で染められた布や衣服は、長く思いを残していく。ツクバブルーのまだ見ぬ青は少し悲しくも、それを大きく包み込むやさしさの色になっていくだろう。(鴨志田隆之) 写真提供 渋谷さん

渋谷 怜(しぶや・れい)
1982年岐阜県多治見市出身
アウトドア用品メーカーSNOWPEAK勤務を経て独立
2020年からツクバブループロジェクトをスタート

3 コメント

誹謗中傷するコメントはNEWSつくば編集局が削除します。

3 Comments
フィードバック
すべてのコメントを見る
スポンサー

注目の記事

最近のコメント

最新記事

W杯応援に1000人 筑波大でパブリックビューイング

つくば市天久保の筑波大学サッカー場で27日、カタール・ワールドカップ(W杯)のパブリックビューイング(PV)が催され、コスタリカ代表と対戦した日本代表に声援を送った。日本は終盤の失点から0-1敗れ、1次リーグ突破は次のスペイン戦に持ち越された。 PVは筑波大学蹴球部と大学公認学生団体の「ワールドフットつくば」が主催した。事前申し込みで無料招待された地域住民と大学生の合わせて約1000人が試合を見守った。 三苫選手ら先輩に声援送る 筑波大は、代表メンバーの三苫薫(2019年度卒)と谷口彰悟(2013年度卒)両選手の母校。PV会場の第1サッカー場は、2人が学生時代に練習で汗を流した場所となる。 企画した山内健太朗さんは「サッカーによって生まれるつながりを大事にしたい。最近はコロナ禍で活動が限定されていたが、この機会を生かし、市民も巻き込んで、たくさんの人たちにサッカーの魅力を伝えたい」と意図を話す。大学との折衝では開催の意義は理解してもらえたが、感染対策などクリアすべきハードルは高かったという。放映権の購入費用にも大学OBなど大勢の人に協力を仰いだ。

木造校舎で学ぶ、育つ 《邑から日本を見る》124

【コラム・先﨑千尋】今月初め、日立市立中里小中学校を訪ねた。この春に中里地区の小学校と中学校が一緒になり、新しい木造校舎で学ぶということを知り、是非この目で確かめてみたいと考えていたからだ。太平洋に面する日立市の中で同地区は、山を越えた飛び地のような位置にある。日立鉱山の公害を描いた新田次郎の小説『ある町の高い煙突』の舞台となった場所だ。 この小中学校は2011年に小中一貫教育に移行し、翌年に小規模特認校に指定された。この指定により、市内のどこに住んでいても入学、転入できるようになった。9年制になった今年からは義務教育学校になり、9年間を通した独自のカリキュラムを組むことが可能となった。コミュニケーション科(英語、ことば)を設け、9年かけて子どもたちのスピーチやディスカッションの能力を高める授業に取り組んでいる。 さらに、外部講師を呼んで、落語や能楽なども体験している。田植えや稲刈り、リンゴ栽培の手伝いなど、地域の人たちとともに実りを実感できる活動や、地域主催の行事にも参加している。 新しい校舎は山と清流に囲まれ、子どもたちは、森の木々の彩り、草木のざわめき、川のせせらぎ―など、四季の変化と豊かな自然を感じ取ることができる。敷地の南側を流れる里川に沿った円形の校舎は、風景と調和するようにすべて木造。1階には職員室のほか、多様な授業やランチルーム利用などの多目的に使える、マルチスペース「きららホール」や、校舎の中央にある昇降口付近に図書室を配置しているのが特徴だ。2階にある普通教室は、廊下との間仕切りがないためオープンな教室となり、多様な学習形態に対応できる。 同校では校長が対応してくれ、学校の特色やどのような授業を行っているのかなどをお聞きし、教室を案内してもらった。現在の生徒数は53人で、そのうち地元は13人。他は市内の他地区からスクールバスなどで通学している。わずか3人の学年もあり、1人1人がきめ細かな教育を受けることができる。廊下で会った子どもたちの目はキラキラ輝いていた。

ふるさと納税の顛末記 ① 《文京町便り》10

【コラム・原田博夫】年末になると、ふるさと納税でソワソワするお宅もあるかも知れない。魅力的な返礼品をめぐる話題である。しかし、これは、制度導入の経緯からすると、妙な話である。今回は、その顛末(てんまつ)を取り上げたい。 そもそも、高校まで地方圏で教育を受けた若者の相当数が、大学入学や会社就職で都会に出て、その後の社会人生活や結婚後もそこで過ごすのは、20世紀後半の日本社会では(都市部と農村地域の間で教育や就業のチャンスに濃淡がある以上)当然だった。 この若者には財政の観点からは、高校卒業までは地元自治体の教育支出が投入されていた。勤務先の企業は、法人税(国税)および法人住民税を(企業の所在地へ)納めている。会社員としては、給与・報酬から所得税(国税)と個人住民税を(居住地の県・市町村へ)納めている。この会社員も企業も、当該年度に関しては立派な納税者である。 しかし、この会社員を高校時代まで成育させた出身地では、この財政収支の流れはやや釈然としない。少なくとも、地方出身者の高校卒業までに投じた財政資金のある部分は、出身の市町村・県に戻してもらいたい。とりわけ、都市部に出た地方出身者が地元に残った同世代よりも高所得者になっている場合には、そうした矛盾を感じる。 故郷へ還元できる制度はないか? 地方交付税制度は、こうした気分を一部解消する制度でもある。主要な国税5税(所得税・法人税・酒税・消費税・地方法人税)の一部(3割強)を地方の固有財源とみなして、全国の地方自治体を対象に、一定の意基準に従って(地方自治体ごとに基準財政需要額と基準財政収入額を算定し、前者が後者を上回っている場合はその差額を財源不足とみて)財源保障のために一般財源として配分する、という制度である(うち、94%は普通交付税、6%は特別交付税)。

ウクライナ避難民支援募金を大使館に寄付 日本つくば国際語学院

学校法人つくば文化学院(東郷治久理事長)が運営する日本語学校「日本つくば国際語学院」(同市松代)が、4月からつくば市内で呼び掛けていたウクライナ避難民支援募金(4月13日付)が9月末までに計24万5000円集まり、10月26日、東京都港区の駐日ウクライナ大使館に寄付した。 募金箱はグループ企業のサンスイグループ(東郷理事長)が運営する市内計8カ所に設置した。当初6月末までの予定だったが延長し、9月末まで寄付を募った。 8カ所は同校のほか、つくばグランドホテル(同市筑波)▽つくばわんわんランド(同市沼田)▽つくば国際ペット専門学校(同市沼田)▽つくば山水亭(同市松代)▽つくば山水亭別亭(同市吾妻、ホテル日航つくば2階)▽KEY’S CAFE(キーズカフェ)ララガーデンつくば店(同市小野崎、10月16日閉店)▽ミスタードーナッツ イーアスつくばショップ(同市研究学園)。特にKEY’S CAFEとつくば国際ペット専門学校に設置した募金箱には多くの寄付が集まったという。 今回の募金活動は「ウクライナ避難民の支援はまず日本語学校から手を挙げてやるべきではないか」という東郷理事長の言葉がきっかけとなった。寄付金を受け取ったウクライナ大使館の担当者からは感謝の言葉が述べられたという。 同校の森山英熙本部長は「みなさんに関心を持って寄付をしていただき、本当に感謝しています。寄付金が避難民の方々のお役に少しでも立てれば」と話し、「これからもウクライナ避難民で日本語を学びたいという人がいたら積極的に受け入れていきたい」と語る。