月曜日, 10月 25, 2021
ホーム コラム 東北本線・古河駅が面白い 《茨城鉄道物語》16

東北本線・古河駅が面白い 《茨城鉄道物語》16

【コラム・塚本一也】前回述べた通り、茨城県内で乗車できる鉄道は11路線ありますが、これまでのコラムで、そのうち9路線を制覇しました。残りわずかとなりましたが、今回は東北本線の古河駅へ行ってきました。

古河駅は1885年に茨城県で最初に開業した駅であり、130年以上の歴史があります。建設当時は、利根川に橋を架ける技術が確立されておらず、水戸~東京間は水戸線経由で小山から東北線を利用していたそうです。古河駅を訪れたのは初めてでしたが、3つの点に驚きました。

1つは、古河駅の形態です。鉄道の駅舎は、地下駅、地平駅、橋上駅、高架駅―と、基本この4パターンに分類できますが、古河駅は、茨城県内ではTX(つくばエクスプレス)以外ではあまり例のない、高架駅という形態になります。

これは、例えば武蔵野線の駅舎のように、元々高架橋に線路があって、あとからホームを造る場合などに採用されます。しかし古河駅の場合は、駅舎だけを高架駅にして、その前後は線路が地平に降りてしまうという、ある意味、無駄な造りをしていることが不思議に思いました。

自由通路を優先して造る場合は橋上駅が基本であり、山手線の五反田駅のように、幹線道路が駅近辺を横断する場合には、高架駅が採用されます。しかし、あえて古河駅だけを高架にした理由について、元鉄道建築技術者の私は大変興味を覚えました。

古河駅のホーム

東京駅・新宿駅まで乗り換えなし

さらに、改札を抜けてホームへ上がると、始発駅でもないのに2面4線というぜいたくな設備にも驚きましたが、時刻表と行先の電光掲示板を見て一層驚きました。なんと、東京駅にも新宿駅にも乗り換えなしで行けるではないですか。千葉駅でさえ、新宿へ行くには錦糸町で乗り換えなければならないのに、古河駅はどちらへ行くにも乗り換えなしで、およそ75分の乗車時間です。

そして、最後の驚きは、なんと日中の湘南新宿ラインは快速の停車駅になっているではないですか。快速を利用すると、新宿までは約1時間であり、東海道線の駅に例えるならば平塚駅と条件的に等しくなると思われます。また、1日の乗降客数は約26,000人で、常磐線ならば勝田駅とほぼ同じぐらいです。

このように、いつの間にか底知れぬポテンシャルを備えてしまった古河駅ではありますが、駅前のビルは空室が目立ち、駅ビル以外にこれといった商業施設はありません。先月は古河駅に入構している20台ぐらいのタクシー会社が、事業から撤退してしまいました。

古河近辺では、圏央道を利用できる工業団地や企業の誘致に取り組んでいると聞きます。鉄道による都心へのアクセスも非常に便利ですので、2次交通などの整備に取り組めばさらに発展が見込めるのではないでしょうか。(一級建築士)

17 コメント

衆院選にあたり、当選させない目的で候補者に関する虚偽の事実の投稿、あるいは名誉毀損や侮辱等に当たる投稿を行った場合には、法令違反となり刑事罰に問われる場合があります。

17 Comments
フィードバック
すべてのコメントを見る
ほんじゃまか徹
19 days ago

古河駅は30年前からもほとんど変わらない陸の孤島です。この30年で変わったことといえばイトーヨーカドーが撤退して小さいイオンができたくらい。市内にトリセン(スーパーマーケット)ができたのと。

名無しの市民
19 days ago

古河駅から撤退したタクシー会社とはどこ❓️
そっちの方が気になる

名無しの市民
19 days ago

底知れぬポテンシャルを持った駅の周辺に空き室が目立つのはつくばと同じですね。また、鉄道による都心へのアクセスも非常に便利ですので2次交通などの整備に取り組めばさらに発展が見込めるのではないでしょうか、という結語もそのままつくばに当てはまる定番のコメントですね。どこも同じなんですね。

ところで古河市の累積コロナ感染者数は人口あたりに換算するとつくばを抜いて県内2位です。断トツ1位は土浦です。

1位 つくば市 2.400人  (人口24.6万人)
2位 水戸市  1.997人  (人口26.9万人)
3位 土浦市  1.848人  (人口13.8万人)
4位 古河市  1.440人  (人口14.2万人)

名無しの市民
返信する  名無しの市民
17 days ago

これじゃつくばが1位になってないか???

iori
19 days ago

古河市在住です。

都心へのアクセスはとてもいいのですがいかんせん市内にこれといった施設もなくちょっと強い雨が降ればいたる所で道路が冠水します。

その辺りが発展を妨げている要因でもあるのかなと思います。

名無しの市民
19 days ago

ほんじゃまかん

名無しの市民
19 days ago

渋滞解消のために駅を高架にしたので無駄じゃないです。

駅の近くが実家野郎
返信する  名無しの市民
18 days ago

そうですね!現在のオリオン商店街に抜ける七間町通り(東西に線路を跨ぐ道路)は、いつも渋滞していたのを憶えています。

名無しの市民
19 days ago

>東京駅・新宿駅まで乗り換えなし
これは一つ手前の栗橋も同条件な上、東武で一駅の南栗橋まで行けば半蔵門線や日比谷線沿線まで乗り入れしていて悠々座って行けるので侮れません
ただ駅ビルもイオンもないですが…

駅の近くが実家野郎
18 days ago

40年近く前まで、古河駅は平地にあり、向かい側のホームに行く時は、列車が来ない時に線路を歩いて渡る駅でした。ホームからホームを繋ぐ連絡階段が無かったのでは無いか?と記憶の片隅にあります。その頃、市議会で新幹線の通過(停車)する駅を古河駅と検討していたが、その話は無くなり現在の小山駅となったそうです(祖父から聞いた話)

古河二小
返信する  駅の近くが実家野郎
18 days ago

西口に荷物運ぶ馬がいた記憶があるなあ。

名無しの市民
18 days ago

>始発駅でもないのに2面4線というぜいたくな設備

始発の電車ありますよ?

名無しの市民
返信する  名無しの市民
18 days ago

JR総武線(千葉−市川)も駅はほとんどが高架駅ですよね?

名無しの市民
18 days ago

古河の駅前もお店あります。古河始発の電車もけっこうありますよ。またお越しください。

けーちゃん
18 days ago

古河で生まれ育ち、30年前に結婚のため他県に住んでいます。古河は、万葉集にもその地名がのっているほど古くからある街です。駅が出来たのも確か、東京駅よりも早かったと記憶しています。大学に電車で通って頃を懐かしく思い出しました。渋谷区まで横浜市から通っている友達よりも通学時間が短いと驚かれました。宇都宮線で唯一茨城県にある駅が古河です。東京寄り隣は埼玉県、茨城県古河駅を挟んで隣が栃木駅という県境の場所です。近隣の市町村との合併前の旧古河市は、日本1、2の商業密集地域でした。ちなみに、茨城県は、いばらきけん、ですので、間違っても、いばらぎ、と呼んではいけません。

名無しの市民
17 days ago

古河駅をバカにしてるんですか?

名無しの市民
返信する  名無しの市民
16 days ago

つくば駅前はお店まで遠くて大変。

スポンサー

注目の記事

最近のコメント

最新記事

コンタクト空ケースの回収運動展開 筑波大2年 織田くれはさん

コロナ禍のボランティア模索 筑波大学医学群看護学類2年の織田くれは(20)さんが、使い捨てコンタクトレンズ空ケースのリサイクル運動を実施した。回収ボックスを学生食堂や学生宿舎など大学構内13カ所に設置し、9月下旬まで約2カ月半で計2372個を回収した。 空ケースはリサイクル業者に買い取ってもらい、収益は角膜移植を普及啓発する「日本アイバンク協会」に寄付される。ほかに、空ケースのシールをはがすなどのリサイクル作業を、コンタクトレンズ販売チェーン「アイシティ」の障がい者部門に割り当て障害者の就労・自立支援に繋げたり、再資源化推進による環境保全につなげたりする。 織田さんが立案した企画は「アイシティecoプロジェクトinつくば」。「コロナ禍であっても、人同士の接触を避けながらできるボランティアはないだろうか」という思いから、大学が支援する「つくばアクションプロジェクト(T-ACT)」に企画を提案した。 高校時代から織田さんは障がい者施設などに出向きボランティア活動に親しんできた。「ボランティアというのは自分が相手に与えているようで、実は相手から与えてもらっていることが多い」という気づきを得ると共に、何かから解き放たれるような感覚を覚えた。 ボランティア活動に魅了される中、筑波大学入学前に手にした大学パンフレットで大学が学生の活動を支援する機関の存在を知り、入学後は...

ネギ・レタス王国 岩井農協 《邑から日本を見る》98

【コラム・先﨑千尋】10月初め、坂東市にあるJA岩井を訪ねた。同農協は未合併。なぜなのかを知りたかった。また、ネギ、レタスの生産では他の産地の追随を許さない王国の実態を見たかったから。風見晴夫組合長(JA茨城県中央会副会長も兼務)や担当職員らの話を聞き、昨年完成した新予冷センターを見て、農協はこうあるべしと納得した。 風見組合長は自ら水田150ヘクタールを耕作している。野菜農家がネギやレタスの生産に専念できるように田んぼを任され、いつの間にかそれだけの面積になったという。八木岡努JA茨城県中央会長もイチゴの専業農家。今は専業農家で組合長になる人は珍しい。組合員に信頼されているからだ。 「食は人間が生きていくには欠かせないもの。戦争で日本が負け、アメリカの食文化が入り、小麦がコメに代わった。日本人の体質に合った食文化が忘れ去られている」「メディアは野菜がちょっとでも高くなると大騒ぎする。下がった時には報道してくれない。そこがおかしい。農家の苦労を知ってほしい」 農に対する情熱が、語る口からほとばしる。はるか昔、この地で反乱を起こした平将門のことが脳裏に浮かぶ。 農協合併が進んでいるが、どうして岩井は合併しないのか。「合併しなくていいというのが組合員の意向。農業で食べていくにはどうすればいいのか組合員が判断し、決める」。当たり前のことだが、なんともすっきりした話だ。ほとんどの農協は総代会制度を取っているが、ここではずっと全組合員が参加する総会で農協の方針などを決めている。 昨年度の販売高は62億円

成果高い施策に重点化 最終年度の森林湖沼環境税

茨城県独自の県民税として2008年度から徴収し、県内の森林保全・整備や霞ケ浦など湖沼・河川の水質保全事業に活用しててきた森林湖沼環境税が今年度で最終年度を迎え、開会中の県議会で与野党の論戦を呼んでいる。 すでに県内の林業や浄化槽など水質保全関係業界などから「継続」を求める陳情書が提出され、県議で構成する県森林・林業・林産業活性化促進議員連盟も歩調を合わせている。 同税は県民均等割超過課税方式により、県民1人当たり年間1000円を徴収(県民税均等割が非課税者は除く)している。08年度から今年度当初予算までの税収は約235億円となり、基金により他の税収と区分して管理している。 県議会の質疑応答の中で大井川和彦知事は、同税は当初、間伐など森林整備・管理の推進などに重点を置いていたが、知事就任後の18年度から方針を転換し、経営規模の拡大に意欲的な林業経営体への支援等を通じ、森林経営の集約化を推進してきた、結果、集約森林は17年度末の約2300ヘクタールから20年度末には約1万ヘクタールまで拡大した、自立に向けた規模拡大が進む成果がいわれてきていると、成果を強調している。 一方、湖沼、河川の水質保全では、特に霞ケ浦の水質浄化に関連し、高度処理型浄化槽の設置、下水道・農業集落排水施設への接続などに、重点的に活用したと強調。さらに小規模事業所の排水対策として、基準超過に対し罰則や改善命令ができる水質保全条例を改正、今年4月1日の条例施行前に、霞ケ浦沿岸の小規模事業所を立ち入り検査による指導で強化し、霞ケ浦のCOD(化学的酸素要求量)値は税導入前の1リットル当たり約9ミリグラムから約7ミリグラムに低下したとしている。 しかし近年は横ばい状態にあり、知事自ら「従来の枠組みにとらわれず、成果の高い施策にさらに重点化が必要なのではないか」と問題提起している。

宇宙天気防災戦略 《食う寝る宇宙》96

【コラム・玉置晋】災害は忘れたころにやってくる。地球物理学者の寺田寅彦先生の言葉と言われておりますが、宇宙天気による災害は忘れるどころか、経験したことがある方はほとんどおりません。 ただ、2003年のハロウィンの時期に宇宙業界で働いていた方は、痛い目に遭われたと思います。同年10~11月の地球周辺のプラズマ環境の悪化は、日本の人工衛星1基の息の根を止めるとともに、動いていたミッションの総点検が入ることになり、日本の宇宙開発が止まる事態となりました。 ただでさえ就職氷河期であった上に、宇宙業界の採用がほぼなくなり、当時、就職活動を控えていた僕は翻弄(ほんろう)されたものです。だから、僕はハロウィンが嫌いだし、宇宙天気を甘く見るのも嫌いです。宇宙天気は因縁の相手だと思っています。 英国の宇宙天気準備戦略 9月に英国で「UK Severe Space Weather Preparedness Strategy(英激甚宇宙天気準備戦略)」というドキュメントが出版されました。出版したのは英ビジネス・エネルギー・産業戦略省です。