木曜日, 7月 29, 2021
ホーム コラム つくばセンタービルで「ダイ・ハード」 《映画探偵団》45

つくばセンタービルで「ダイ・ハード」 《映画探偵団》45

【コラム・冠木新市】ジョン・マクティアナン監督の「ダイ・ハード」(1988)が無性に見たくなった。ニューヨーク市警のマクレーン刑事(ブルース・ウィリス)は、クリスマスにロサンゼルスの超高層ビルで働く妻のもとにやって来る。そこで左翼テロリストを装う強盗チームと遭遇し、妻と人質を助けるため、ビル内を這いずり回り、時々ぼやきながらも敵を1人ずつ倒していく。犯人の銃弾で粉々になった窓ガラスを裸足で踏み血だらけになったり、白のランニングシャツが黒くなるまでしぶとく戦う。

そして私は「ダイ・ハード」を見ると、なぜかジョン・フランケンハイマー監督の「大列車作戦」(1964)を思い出してしまう。

パリを占領していたナチスドイツが本国に撤退するにあたり、美術愛好家の将校が、美術館にあるルノワール、ゴーギヤン、ゴッホ、マネ、ピカソなどの名画を列車に積み持ち帰ろうとする。それをフランスの鉄道員ラビッシュ(バート・ランカスター)らは、「たかが絵を守るために」と一度は疑問に思うが、結局は「フランスの誇りのために」と命を賭け、取り戻す行動を開始する。仲間は倒されていくが、ラビッシュは油と汗まみれになりながらも最後まで戦い、絵を取り戻す。

「ダイ・ハード」と「大列車作戦」の主人公はよく似ている。

センター広場にエスカレーターは必要か

6月12日。つくばセンター研究会は講演&シンポジウムを27日に開催することを決めた。テーマは「緊急討論 つくばセンター広場にエスカレーターは必要か」。開催まで2週間しかない。翌日からゲストの交渉とチラシ制作(デザイン・三浦一憲、写真・斎藤さだむ)が始まる。

6月17日。1500枚のチラシが印刷所から届く。早速、メンバーに手分けして配布。

6月18日。私は市役所関係(秘書課、広報戦略課、都市計画課、文化芸術課、文化財課、生涯学習課)にチラシを配布。その後、つくばセンター地区活性化協議会関係者に配布しながら会話を交わし、数々の情報を得た。15時半、研究交流センター内の記者クラブで共同代表の三浦氏と会見(5社が集まる)。

6月19日。各地の地域交流センターを回り、チラシ配布。締めくくりは「まちなかデザイン」。専務に「ぜひ出席を」と参加要請した。

6月27日。台風の進路が変わり、雨の予報ははずれた。参加者は60名(市議8名、県議2名を含む)。エスカレーター賛成派にも呼び掛けたが、参加は少なかった。鵜沢隆先生の講演、加藤研先生と六角美瑠先生の話は好評だった。

参加者の発言から教えられたこともあった。「リニューアルのパブリックコメントは実施されていない」「昨年末のオープンハウスは途中で打ち切られた」などだ。

今回はあえてエスカレーターに焦点を当てたのだが、市の改造計画では、ノバホール横の階段は半分削られてスロープになり、広場の窓ガラスは取り替えられてしまう。さらに、ノバホールの正面玄関の通路は変形し、狭くなる。それらを考えると、イベントの反応がよかったなどと安心してはいられないのだ。

最後まで諦めないしぶとさを学ぶ

だからなのか、「ダイ・ハード」の、ビルを占領する金目当ての犯人たちをやっつけるマクレーンを見て、最後まで諦めないしぶとさを思い起こそうとしたわけだ。

7月3日。つくばセンター研究会に新しく参加した方から「文化財を守ることを訴えるだけでは、文化財とも思っていない人たちとの溝は埋まらないのでは」との問題提起があり、次の企画が検討された。

7月5日。ノバホール前。人々の密集する中で、東京オリンピック聖火リレーが行われた。今後、市も予算を使い、センタービル改造計画のイメージアップをはかっていくことだろう。こちらは、泥くさく地道にセンタービルでの「ダイ・ハード」を続けるつもりである。サイコドン ハ トコヤンサノセ。(脚本家)

13 コメント

13 Comments
フィードバック
すべてのコメントを見る
五十嵐市長の姿が見えない
20 days ago

五十嵐つくば市長は、エスカレータの設置を強行する姿勢なのですよね?反対の意見を承知しているのか、その上で強行するつもりかどうかも分からないのが、最大の問題かと思います。

五十嵐市長は、特撮のいつもの聖地、センター広場での特撮愛好家向けのイベントには出席しています。センター広場の建築としての価値にも、同様に聞く耳を持つべきです。

https://www.facebook.com/tatsuo21/posts/2357797767690028

5年前
20 days ago

暗号解読
サイコドン → さいこ 殿
ハトコヤン → はとこ さん
サノセ   → がんばれ

名無しの市民
返信する  5年前
20 days ago

さいこ殿
はとこさん
がんばれ

とはどういう意味?

5年前
返信する  名無しの市民
20 days ago

新民謡「筑波小唄」 唄:筑波芸妓連
〽思い懸け橋 筑波へ架けて ヨイショ アリャリャンセ
 薄い情もかけるやら ソレナントシヨ サイコドン ハトコヤンサノセ
〽男女川さえ 恋路が積もりゃ 流す浮名も淵となる
〽真壁出て見りゃ 南に筑波 逢いに行きます山越えて

つくば中心市街地まちづくり調査特別委員会からの回答
20 days ago

https://www.youtube.com/watch?v=PW7rruMkTZI&t=228s

センタービルのリニューアルについて

Q:
12月に開催したオープンハウス(概要紹介)では詳細が分からない
説明会は必須である
既存の広場を壊してからでは遅い
欲しいのは景観を無視したエスカレータではない
つくば市民への説明会やタウンミーティングを開催しない限り事業を進めないよう市議会に求める

A:
今後もこの調査特別委員会で詳細な報告を執行部から求め議会の同意なく進めないよう進言して参ります
市民への説明会やタウンミーティング開催を市長に要望していきたいと考えております

名無しの市民

市議会の現在の力はこんなもんだろう、と思わせるQ&Aですね。

エスカレータの事故にご注意ください
19 days ago

センター広場エスカレータの事故のリスク管理が必要です。特に幼児や高齢者にとってはエスカレータ利用の事故の可能性というデメリットが、エレベータよりは気軽というメリットを大幅に上回ります。ずっと安全なエレベータを使うべきです。

この観点から、センター広場ペデストリアンデッキのエレベータは、徹底的に使いやすく作り直したい。気軽に利用してもらうために。

1. 現在のエレベータはカゴの中が外からは確認できません。防犯上からも、明るいガラスのシースルーなエレベータに改修するのが望ましいと思います。

2. 現状のエレベータの1階の出口は現状では暗くて細くて曲がりくねっています。改修案では(手前の部分の)市民活動センターの部分をエントランスとすることで明るくするようです。ここからセンター広場への出口が自動ドアだと便利だと思います。

坂倉建築研究所のつくばセンタービル公共施設基本計画検討業務での24ページにあるパースでは、エントランスの部分が空白です。 なので、どういうデザインなのかも分からないですww

https://www.city.tsukuba.lg.jp/_res/projects/default_project/_page_/001/012/833/TCBkihonnkeikaku.pdf

バリアフリーと同時に「<広場デザインの保存>が意匠上の最優先課題」でもあります。ガラスのエレベータの場合、2階のペデに突き出たエレベータホールのデザインをどうするかも重要な課題となります。

エレベータの改修案として機能的にもデザイン的にも良い代案が提案できれば、エスカレータの無用さも際立つと思います。

エレベータのセンター広場への出口を自動ドアに

現状のエレベータのセンター広場への動線を青い矢印で示しています。広場への出口は重いステンレス製の両開きのドアで、車椅子の方の利用が困難です。

改修後の動線(赤い矢印)の先が自動ドアになっているかどうかが、現状の基本計画からは分かりません。バリアフリーの観点からは重要な点だと思います。

つくば・市民ネットワークさんの要望書も見てみましたが、ここについては言及されていない。大事なことだと思うのですが。誰か連絡してあげてください。

センター広場エレベータ_矢印_赤青.jpg
センター広場への出口付近のパース

エレベータの出口付近のパースを切り抜きました。

つくばセンター広場パース.png
名無しの最後まで諦めない市民
7 days ago

”次の企画” の進展はどうなってますでしょうか?

市長、市議会、行政に要求することはたくさんあります。エスカレータに特化して攻めたい。38年が経過したセンタービルのリニューアル自体は必要な部分はあると思うが、エスカレータは不要です。とりあえずは、ここを目標にする。

1) 情報公開をする。 エスカレータの需要予測、費用について公開する。
2) 市民への説明会をセンター広場で開く。
3) エスカレータに特化してパブリックコメントを募集する or アンケートケートを取る
4) エスカレータのリスクについて調査する。利用者が1日100人以下と想定されるので、人が来た時だけに動く仕様になると思われる。だとすると、エスカレータが動くのが面白くて幼児が入り込む -> 事故になるなどのリスクが考えられます。
5) (上記すべてに関連するが)エスカレータを設置するという意思決定が行われた経緯を公開する。

名無しの最後まで諦めない市民

レジスタンス活動の案も考えてみました

1) エスカレータ設置予定場所に実物大の模型の柵を設置する。
2) エスカレータ反対Tシャツを作って販売する(カンパを募る)
3) エスカレータ反対ウチワを作って設置予定場所で配る

反対の理由は「センター広場には行かない」「健康のため階段を使え」「ペデの通行の邪魔」「税金の無駄」「幼児を危険に晒すな」「文化財を破壊するな」など、人それぞれ。なのでTシャツはヴァリエーション展開も考える。

名無しの最後まで諦めない市民

エスカレータは、結構なサイズ感があり、ペデを通行する人にはかなり邪魔になります。実物大の柵を作り通行の邪魔をすると、エスカレータへ興味を持つ人を効果的に増やせます。向かい側にローソンがあることもあって、あの辺はけっこう混んでます。つくば市側は強行突破するつもりらしく、手段を選んでいる場合ではない。

邪魔なエスカレータ.png
名無しの市民

①が「税金の無駄」、②が「ペデの視認性の邪魔」。

「ペデの通行の邪魔」に関してはソトカフェの黒椅子のほうが邪魔。

市内の陽性確認者数

直近30日の感染者数推移

このグラフは土浦市・つくば市の過去30日の陽性確認者数を表しています。

これまでの推移(つくば市)

このグラフは初の陽性確認者が出た日から現在までの推移を示しています

これまでの推移(土浦市)

このグラフは初の陽性確認者が出た日から現在までの推移を示しています

スポンサー

注目の記事

最近のコメント

最新記事

養老孟司先生の講演を聴く《令和楽学ラボ》14

【コラム・川上美智子】つくばのホテルグランド東雲で、東京大学名誉教授の養老孟司先生の講演を聴く機会がありました。養老先生は20数年前の現役時代に東大医学部の学生に解剖学実験を指導されていて、当時受講生だった娘が時々その様子を話してくれました。ホルマリンの臭いが充満する教室で、学生たちが人体解剖をしている傍らで、椅子に座ってじっと本を読んでおられたようです。 学生たちも大変ですが、先生にとっても厳しい時間なのではないかと、当時、思ったりしました。たとえ仕事であったとしても、医学の継承のため、若い学生を育てるため、人体を捧げる運命に至った人に最後まで傍らで寄り添い、畏敬の念を抱きつつも送り出さなければならない先生の気持ちを、本が和らげてくれていたのではと思います。 講演で先生は、「生老病死(しょうろうびょうし)」という言葉を黒板に書かれ、これが人の自然の姿だと言われました。最近、宗教学者の山折哲雄も、人生終焉に向かうテーマとして同名の本を出版しています。生老病死とは、人の人生には「生まれること、老いること、病むこと、死ぬこと」の四つの苦しみがあり、これを避けて通れないという仏教語(お釈迦様の言葉)だそうです。 つまり、人が生きること自体が思い通りにならない苦しいことであると、仏教は教えています。先生は、演題「今、私たちは何をすべきか」の中で、そうだからこそ、「生(しょう)」のスタート部分の子ども時代には、生きることの楽しさ、社会の明るさを教えてほしいと訴えました。 子ども時代の一定期間、田舎で過ごすのがよい 先生は今、理想の保育園を目指し、保育園の理事長の職に就いていらっしゃるとのこと。毎日、孫や曾孫のような子どもたちと、虫取り、魚獲りで自然に触れ、子どもたちを幸福にしたい、子どもたちに幸せな生活を送らせたい、という思いで過ごされているそうです。

今年のワカサギは大ぶり 霞ケ浦・北浦の解禁漁

霞ケ浦と北浦の夏の風物詩、ワカサギ漁が21日解禁された。今年は例年に比べ体長が約7センチと大ぶり。「身も大きさも消費者に喜んでもらえるのではないか」と、12月まで続くこれからの漁に期待が寄せられている。 解禁日当日の操業(出漁)船は、霞ケ浦・北浦併せて142隻(昨年は118隻)、平均漁獲量は霞ケ浦が29.6キロ(同45.6キロ)、北浦が1.7キロ(同10.5キロ)だった。 温暖な霞ケ浦・北浦はワカサギの成長が早く、全国でも珍しく夏にワカサギが捕れることから「ナツワカ」の愛称で知られ、フライなどのほか、様々なレシピで好まれている。 愛好者などからの引き合いも多く、土浦市内のスーパーや専門店などでは生や加工品のワカサギが販売されている。霞ケ浦水産研究会(霞ケ浦漁業協同組合内)は昨年から捕りたての夏のワカサギを多くの人に味わってもらおうと、産地直送通販サイト(https://poke-m.com/products/165223)で「わかさぎオンライン解禁市」を関東地方限定で実施している。 国内の昨年のワカサギ漁獲量は、青森県の365トンをトップに、北海道210トン、秋田県207トンと続き、茨城県は73トンで第4位だった。解禁日は秋田県の小川原湖が9月1日、北海道の網走湖が9月頃、秋田県の八郎湖は10月頃とまちまちで、「ナツワカ」は霞ケ浦・北浦だけだ。 霞ケ浦・北浦のワカサギ漁獲量で最も漁獲量が多かったのは1965年の2595トンで、現在全国トップの青森県の実に7倍以上の水揚げを誇っていた。(山崎実)

にんにく祭りとニンニク 《県南の食生活》27

【コラム・古家晴美】一の矢神社(つくば市玉取)の祇園祭(ぎおんさい)は、旧暦6月7日(今年は7月16日)に開催され、茨城県内の祇園祭の皮切りとされている。「にんにく祭り」としても有名だ。その後、順次、他の八坂神社が祭礼を執り行う。鉾田町には、全戸が参加する一の矢講を編成し、玉取まで参拝に来ていた地区もあったと言う。 潮来市や行方市でも「一の矢の天神様の祭り」として、うどんや餅を作って食べた地域があり、広い地域で知られた祭りであった。では、どうして「にんにく祭り」なのか。諸説あるが、ご祭神の素戔嗚尊(すさのおのみこと)が朝鮮から持ち帰ったニンニクを用い、江戸時代に流行した疫病退治のために、戸口につるしたことが始まりと言う。 実際には、遣隋使か遣唐使がもたらしたものと推測されている。『万葉集』には、醤酢(ひしおす)とともにニンニクをついてタイを食べたい、という歌がある。『医心方』には、かっけ、風邪、虫刺されに効く、と書かれている。『源氏物語』の「帚木(ははきぎ)」には、風邪のために薬草(ニンニク)を煎じて飲んだ、とある。 禅宗の山門には「不許葷辛酒肉入山門」とあるが、滋養強壮作用があることから、修行の妨げになるということで、葷食(くんしょく=ネギ、ニラ、ニンニク、ラッキョウ、タマネギ)を禁じた。 また、室町から江戸時代にかけては、獣肉の調理や臭い消しに、すりおろしたニンニクが使用された。江戸から昭和にかけて、へき村では、節分の鬼やらいで、とげのある柊(ヒイラギ)、臭気があるイワシの頭とともに、さらに匂いが強いニンニクを門に挿しかける風習もあった。 また、コレラなどの悪疫の流行時に、児童にニンニク入りのお守りを持たせて、悪疫を防いだ。このほか、ニンニクは、腹痛、下痢、風邪の予防と治療に用いられた。

つくば、土浦市などに再び時短営業要請 感染拡大市町村に16市町

県南地域などで新型コロナウイルスの感染が再び拡大傾向にあるとして、茨城県は27日、つくば市や土浦市など16市町を、再び感染拡大市町村に指定すると発表した。期間は30日から8月12日までの2週間。対象市町のすべての飲食店に再び午後8時までの時短営業などが要請される。 県南、県西、鹿行地域を中心に県全体で、陽性者数が前の週と比べ163%増えているほか、経路不明者が178%増加しているなどから、県独自のコロナ対策判断指標を1段階強化し、「感染が拡大している状態」のステージ3に引き上げる。東京など1都3県で感染が急拡大していること、お盆休み前後に遠出や会食の機会が増えることが懸念されることなども考慮した。 この1週間の新規感染者を年齢別にみると、20~30代が44%と最も多く、40~50代が32%、20代未満が15%に対して、ワクチンを接種した割合が比較的高い60代は5%、70歳以上は4%となっている。24日現在の年齢別の入院患者は、40~50代が最も多く47%、次いで60代が15%、20~30代と70歳以上がいずれも14%、20歳未満が9%。 つくば、土浦両市はステージⅣ相当 その上で、この1週間の人口1万人当たりの新規陽性者数が1.5人以上の16市町を感染拡大市町村に指定する。この1週間の新規感染者数はつくば市が県内で最も多い84人、土浦市が42人。人口1万人当たりに換算すると、つくば市が3.38人、土浦市が3.05人で、両市とも国の指標で「爆発的な感染拡大が起き、医療提供体制が機能不全に陥ることを避けるための対策が必要」なステージⅣに相当する感染者数になっている。感染拡大が続く場合、期間が延長されることもあり得る。 感染拡大市町村は、すべての飲食店を対象に午後8時から午前5時までの営業自粛のほか、酒類の提供は午後7時までとすることを要請する。協力金として、中小企業の場合、1店舗当たり売上高に応じて1日2万5000円~7万5000円を支給する。今回は大企業に対しても協力金を支給するするほか、申請受付を早め、8月早期に開始する。