火曜日, 1月 19, 2021
ホーム つくば コロナ禍でアルバイト減少 子ども食堂が大学生に食品支援

コロナ禍でアルバイト減少 子ども食堂が大学生に食品支援

【川端舞】コロナ禍でアルバイト収入が減った大学生を支援しようと、つくば市内の子ども食堂「竹園土曜ひろば」が9月25日と28日、経済的に困難を抱えている大学生を対象に食品配布会をおこなった。約50人の大学生が米やインスタント食品、飲み物などを受け取った。大学生からは「家賃や光熱費の支払いにも苦労している」という声が出された。

食品を受け取った大学2年の男子学生は、居酒屋と塾で週に4日から6日アルバイトをし、月7~9万円の収入を得ていた。もともと奨学金を受けており、実家からの月2万円ほどの仕送りと、アルバイト収入で生活していた。しかし今年3月、感染拡大の影響で、居酒屋、塾ともに仕事が激減し、収入は半減した。当時は家賃や光熱費を支払うのも大変になり、食費や光熱費を節約するため、3月中旬に県外の実家に帰省した。

6月につくばに戻ってきたが、居酒屋は休業していたため退職した。現在は塾のアルバイトのみで、収入は月5~6万円に減った。国の特別定額給付金や大学からの支援金、今までの貯金などで今は生活できているが、余裕はない。今後、実習があり、交通費などが余分にかかるため、金銭面に少し不安があるという。

大学1年の男子学生は、県外から引っ越してきた8月からアルバイトを探しているが、求人が少なく、まだ決まっていない。自炊するなどして食費を節約し、実家からの仕送りで最低限の生活はできているという。

気軽に助けを求められる存在に

竹園土曜ひろばが、食品配布会に参加した学生を対象に実施したアンケートをまとめたところ、47人のうち、「コロナ禍でアルバイト等の収入が減った」と22人が答え、「経済的な理由で食事の回数や量を減らしている」と14人が答えた。「家賃や光熱費の支払いに苦労している」と答えた学生も8人いた。経済的に困難を抱えている学生が一定数いることが分かる。一方、コロナ禍での経済的な困難をどこにも相談していない学生が過半数の34人と、困っていても相談できる場所がなかったり、相談先が分からないなどの現状があることも分かった。

竹園土曜ひろば副代表の山内ゆかりさん(48)は、「大学生は子育て家庭と違って、アルバイトをする時間もあるから、経済的に支援する必要があるのかという意見もある。しかし新型コロナで飲食店などのアルバイトが減った上に、オンライン授業で提出するべき課題が増えたり、大学院生は研究に集中しなければならないなどで、新しいアルバイトを始める時間が取れないという学生の話も聞いた。今後も困っている学生が気軽に助けを求められる存在でありたい」と語った。

1コメント

1 Comment
フィードバック
すべてのコメントを見る
池田充雄
3 months ago

ジャンクフードばかりじゃよくないよ。農家の収穫手伝いとかさせてあげられないかな。

スポンサー
1
0
コメントお待ちしてますx
()
x