月曜日, 3月 1, 2021
ホーム つくば 3密回避の「ソトカフェ」 つくばセンター広場で飲食店支援

3密回避の「ソトカフェ」 つくばセンター広場で飲食店支援

【車谷郁実】3密を避け市民の憩いの場をつくりつつ、コロナ禍で苦境にある市内の飲食店を支援しようという屋外営業の「ソトカフェ」が5日、つくばセンター広場(つくば市吾妻)で始まった。ソファやハンモックで飲食ができる客席を100席設けたオープンテラスに、市内の飲食店11店舗が出店、テントやキッチンカーで営業する企画で、初日は多くの家族連れでにぎわった。

国土交通省がテイクアウトやテラス営業のための道路占用の許可基準を緩和し、飲食店に接続する路端の利用や飲食提供の施設の仮設が可能になったのを受けて、つくば市が企画した。

6月下旬から出店者の募集を始め、市内の和食系居酒屋や洋風バー、ベトナムやブラジル料理など10の飲食店とバルーンの販売店の出店が決まった。市はコロナ禍で厳しい経営状況にある飲食店を早急に支援したいと企画から2カ月でイベント開始にこぎつけた。市内でテイクアウトの代行サービスを行う「リアッタイーツ」とも連携し、つくばセンター広場前に商品を配達できるようにした。

新型コロナの感染拡大から、同市でも先月クラスターが発生するなど、多くの飲食店が厳しい経営状況にある。ソトカフェに参加している「居酒屋みやま」でも売り上げが激減。8月の売り上げは昨年の2~3割程度だったという。社長の髙橋賢司さん(44)は「イベントの話を聞いたとき、助かったと思った。不安しかなかったが少し希望が見えた」と感染リスクが軽減される屋外での営業に期待を寄せる。

利用者からも屋外スペースの活用を歓迎する声が上がった。土浦市から小学生の子どもたちを連れて友人家族とソトカフェを訪れた田谷沙織さん(33)は「距離を保ちながら子どもたちとゆったりできるのでありがたい」と喜んだ。

木陰になっている客席でそれぞれの時間を過ごす利用者たち=同

主催したつくば市市街地振興課の渋谷亘さんは「困っている飲食店の助けになればと思う。市民の皆さんにも感染リスクの少ないところで飲食を楽しんでほしい」と話す。

イベントは来年3月31日まで。金・土・日曜日のみ営業するオープンテラスの飲食店もある。今後もテーブルの間隔を3メートル以上開ける、アルコール消毒を設置する、などの感染対策を講じていく予定だ。(くるまだに・いくみ=筑波大学社会国際学群社会学類1年、ドットジェイピーインターン生)

4 コメント

4 Comments
フィードバック
すべてのコメントを見る
名無しの市民
5 months ago

つくば駅周辺まで十数キロ。

どうしても必要な用件以外では、行かなくなりました。
「百貨店ならあるかも・・・」という理由もなくなりました。
中央図書館も使わなくなって久しいです。・・・・・

記事にあるような場所の散策も関心ありですが
行くことはありません。
駐車場の問題です。

名無しの市民
5 months ago

いつもながら、こういう中心部の広場で開催されるイベントってつくば市民というよりは、この周辺にいるかなり狭い市民対象にしてると言わざるを得ない。
 
それはそれでよいと思うけど、それに対して周辺地域で同じくらい力を入れて何か市民のためにイベントなりを開催することに税金使っているか?
 
地域格差というより、市政執行部の意識格差だと思う。

名無しの市民
5 months ago
返信する  名無しの市民

市の中心部を活性化しようという「雨乞い」の一部という感じがします。

名無しの市民
5 months ago

ちなみに市長と市議会議長が同日行っていた市内施設でコロナ陽性患者が確認されたんだってさ。

スポンサー
4
0
コメントお待ちしてますx
()
x