木曜日, 3月 4, 2021
ホーム コラム 《吾妻カガミ》78 4月から本サイトを大刷新

《吾妻カガミ》78 4月から本サイトを大刷新

【コラム・坂本栄】本サイトを立ち上げてから今月で2年半になります。月々の閲覧数が開始月の約10倍に増え、重くなってきたとの声もありますので、見やすく軽快なニュースサイトに全面更新、4月1日リリースします。

現サイトでは新着順に記事を上から載せていますが、パソコン向け新サイトでは最新記事4本を一覧できるように工夫しました。その中での順番は記事のサイズ(大きいほど最新)で示しています。トップ区画を見れば最新情報を入手できる仕掛けです。次の区画は少し前のニュース、その次の区画は少し前のコラムを置き、さらに、行政ニュース、特集ニュースを配します。

本サイトへのアクセス源を分析したところ、スマホが4分の3を占め、パソコン、タブレットを大きく上回りました。スマホ利用者が多いことを踏まえ、全面刷新に際しては、スマホ向けは小画面でも見やすく、スムーズに操作できる造りにしました。また、法人のバナー広告が増えていることから、その配置に工夫しました。

「今秋からヤフーでも発信」(2019年8月19日掲載)で触れましたように、NEWSつくばは自サイトでの発信だけでなく、大手サイトにも記事を提供しています。今後、グーグルなどの他のサイトでも露出度を高め、総閲覧数(ページビュー)月間100万を目指します。

ネットがメディアの主役に

最近、電通が2019年のメディア別広告費を発表しました。それによると、ネット広告が18年に比べ19.7%増え、2兆1048億円に達したそうです。朝日新聞は「ネット広告費 初のテレビ超え」と、ネットがテレビ(2.7%減の1兆8612億円)を抜いたと報じています。広告費のネット>テレビ>新聞(5.0%減の4547億円)の順は、各メデイアの将来性の順ともいえます。

新聞社は部数減と広告減を受けて、ネットメデイアへの変身に取り組んでいます。NHKが今春から番組のネット配信を始めましたが、広告費トップ落ちをした民放テレビも追随することになるでしょう。

新聞もテレビもスマホで読み視る時代になったといえます。スマホが5G(第5世代移動通信システム)で一層便利になることを考えると、新聞やテレビがメディアの主流である時代は終わりました。スマホを意識した本サイトの刷新に際しては、こういったメディアの構造変化も意識しました。(NEWSつくば理事長)

➡坂本栄の過去のコラムはこちら

スポンサー