斉藤裕之





《続・平熱日記》11 おらが春

【コラム・斉藤裕之】この時期、気が付くと始めているのが、掃除、ごみ捨て、修理。この「春の行動」は万国共通なものらしく、アメリカでは「エイプリルクリーニング」というのだと新聞で知りました。 手始めに、風呂場の簀子(すのこ) […]


《続・平熱日記》10 女化分校のこと

【コラム・斉藤裕之】20年近く前。当時作家として参加をしていた美術展の会場にと訪れたのが最初。通称、女化(おなばけ)分校。木立に囲まれた敷地には平屋のかわいらしい木造校舎。私はその佇まいに一発でやられてしまいました。それ […]



《続・平熱日記》8 東京タワー 1枚の絵

【コラム・斉藤裕之】少し具合の悪いところがあって入院することになったかみさん。気を紛らわすためか、東京に住む次女に会いに行ったとのこと。「どこで会ったの?」「東京タワー。なつこが行きたいっていうから」。意外な答え。 30 […]


《続・平熱日記》7 冬の「スイミングクラブ」

【コラム・斉藤裕之】冬になると恋しくなるのがスイミングクラブ。とはいってもプールで泳ぎたいわけではありません。英語でスイミングクラブというのはワタリガニ。蟹(かに)と言えばだれもが認めるタラバ、ズワイ、毛ガニが御三家。し […]


《続・平熱日記》6 長女の結婚

【コラム・斉藤裕之】昨年のクリスマスイブに入籍した長女。順序が逆なのですが、その結婚相手のご両親と初めてお会いする日がやってまいりました。長女夫妻が用意してくれたのは銀座の日本料理屋さん。 しかし、何しろヨレヨレの服しか […]