沼尻正芳


《制作ノート》2 筑波山の「肖像」を描く

【コラム・沼尻正芳】いにしえの頃より筑波山と苦楽をともにしてきた人々、山に思いを寄せて育ってきた子どもたちがたくさんいたことだろう。私もそうだった。楽しいときには筑波山がはっきりと見え、悲しいときや苦しいときにはかすんで […]