先崎千尋


《邑から日本を見る》12 無法国家ニッポン

【コラム・先﨑千尋】「後期高齢者」(嫌いな言葉だが)に仲間入りしたので、梅や桜にウグイス、フキノトウをたらふく食べた、など花鳥風月のことを書きたいと思っているが、世情が騒がしく、生臭いことを書かなければならない。 子供の […]


《邑から日本を見る》11 基地の中に沖縄がある

【コラム・先﨑千尋】私たち人間には、体験しないとあるいはその身になってみないとわからないことがある。水俣病患者の苦しみと差別。東京電力福島第1原発事故による避難者たち。部落問題。「従軍慰安婦」。冤罪事件の被告。数えればき […]





《邑から日本を見る》7 静神社の古文書を解読

【コラム・先﨑千尋】私が住んでいる那珂市静に常陸二の宮静神社(齋藤隆宮司)がある。そこで昨年12月に『常陸二の宮静神社文書上巻』を発行した。私が同神社総代の時に「神社に関する古文書を翻刻して、研究者や歴史に関心がある多く […]




《邑から日本を見る》4 クナッパーさんのこと

もみじが美しい晩秋のある日、大子町塙のゲルト・クナッパーギャラリーに行ってきた。ギャラリー開廊10周年を記念する「ゲルト・クナッパーの皿達展」を観たかったから。 クナッパーさんは私や東海村の村上達也前村長と同学年。ドイツ […]