浅井和幸


《気軽にSOS》17 誰にどのように相談したらよいか

【コラム・浅井和幸】あるお茶会での出来事です。ある支援者が私に質問をしてきました。「ある方の相談を受けていますが、その方はやる気のない人です。そのような人にやる気を出させる方法はありますか」と。 その前置きでの話では、私 […]




《続・気軽にSOS》14 共感とアドバイスの区別

【コラム・浅井和幸】ある女性が、大切にしている人からいただいた花瓶を落として割ってしまいました。とても大切にしていましたので、ちょっとしたミスで割ってしまった花瓶を見ても現状が呑み込めず、しばらく何もできず呆然としていま […]


《気軽にSOS》13 何もできないのが苦痛

【コラム・浅井和幸】ある朝、私の携帯が鳴りました。浅井心理相談室に継続で面談相談をされている方は、10~20分ほど無料で電話相談を受けています。土日でも盆でも正月でも、私が出られたらいつでもOKです。 その方(Aさん)は […]


《続・気軽にSOS》12 期待はした方がよいよ

【コラム・浅井和幸】空気が「読める」と「読めない」の2つしか選択肢がないのであれば、空気を読めた方がよいと私は断言できます。もちろん、先入観を持って場を見てしまうというデメリットはありますが、メリットの方が断然多いからで […]


《続・気軽にSOS》11 道具は使いよう

【コラム・浅井和幸】以前、知っていることと理解していることは違うと、このコラムでお伝えしました。カウンセリングの知識や技法を、どの様に使うかが大切であるかと。 辛さや不安を緩和してくれるものだと思っている心理学やカウンセ […]


《続・気軽にSOS》11 雷様はヘソをとるのか?

【コラム・浅井和幸】かなり前ですが、雷に打たれて亡くなった方がいるという記事を読んだことがあります。人の頭に落ちた雷がヘソを通って別のところに移っていったためか、ヘソが焼け焦げていたそうです。本当にヘソをとられたみたいな […]


《続・気軽にSOS》10 はだしの国で靴を売る

【コラム・浅井和幸】はだしの国で靴を売るという話を聞いたことはあるでしょうか?ビジネスのたとえ話でよく使われるそうです。 ある靴を履いていない国に、2人のセールスマンが訪れます。セールスマンAが、本社に報告をしました。「 […]