浅井和幸


《続・気軽にSOS》30 目的地と道筋と交渉と

【コラム・浅井和幸】あなたは今、つくばセンターに立っています。ヒッチハイクをして、大阪まで行こうと考えています。さて、どうするでしょうか? マーカーで「大阪」と書いた段ボールを、歩道から自動車のドライバーに向かって見せる […]



《続・気軽にSOS》28 人は別々の世界を生きている

【コラム・浅井和幸】あけましておめでとうございます。今年も、よろしくお願いします。皆さんは初詣をされたでしょうか。どのような願掛けをされたでしょうか。 私は筑波山神社に参拝してきました。多くの方が来られていて、そこには笑 […]


《続・気軽にSOS》27 そんなの「気の持ちよう」

【コラム・浅井和幸】甲殻アレルギーを持つ孫娘に対して、「そんなの気の持ちようだから」と、内緒でエビか、カニかを分からないように料理に混ぜて食べさせた。結果、その女の子は発作が出て、病院に緊急搬送をされたという事故がありま […]



《続・気軽にSOS》25 巨人の肩の上から見ている

【コラム・浅井和幸】文明の成り立ちだったり、科学の分野であったりで、「巨人の肩の上から見ている」というような表現をされることがあります。それは、先人の業績や研究などを巨人とたとえ、今いる自分がしていること、見えていること […]



《続・気軽にSOS》23 不謹慎? だけどおめでとう

【コラム・浅井和幸】とてもまじめな方たちは、自分が傷つきたくないだけでなく、人を傷つけたくない、間違いを起こしたくないという気持ちが強くなりがちです。それが過ぎると、一度のミスが、まるで致命傷であるかのようにおびえ、避け […]


《続・気軽にSOS》22 苦しむために頑張るの?

【コラム・浅井和幸】イップスって言葉を聞いたことはあるでしょうか。精神的な原因で思い通りの動きが出来なくなる症状のことです。ゴルフで使われ始めたようで、グリーン上の短いパットで手が震えてしまうなどの症状がプロ選手でもあり […]


《続・気軽にSOS》21 良い慣れ 悪い慣れ

【コラム・浅井和幸】「多くの交通事故が自宅の近くで起こっている」という話を耳にしました。インターネットで調べてみると、内閣府や国土交通省、警察庁などの統計が出てきます。不慣れな道ではなく、ある程度知っている道での事故が多 […]



《続・気軽にSOS》19 現状ときっかけと働きかけと

【コラム・浅井和幸】きっかけではなく日々の積み重ねが大切だと、日々、人に伝え続けているところです。どのようにしたら伝わるかも考え続けているところですが、先日、浮かんだ例え話が次のものです。 「きっかけを教えて欲しい」とい […]



《気軽にSOS》17 誰にどのように相談したらよいか

【コラム・浅井和幸】あるお茶会での出来事です。ある支援者が私に質問をしてきました。「ある方の相談を受けていますが、その方はやる気のない人です。そのような人にやる気を出させる方法はありますか」と。 その前置きでの話では、私 […]