坂本栄


《吾妻カガミ》31 働くことをケース・スタディ

【コラム・坂本栄】5月連休明けの7日、新年度の大学講義も5回目になりました。1講座は半期15回ですから3分の1を消化したことになります。新入生もキャンパスに大分慣れて来たのではないでしょうか。 以前にも触れましたが、私は […]


《吾妻カガミ》30 財務省の不祥事 傲慢な最強官庁

【コラム・坂本栄】事務次官のセクハラ発言や国有地の不正処分で財務省が袋だたきに遭っている最中、「大蔵省(財務省の前身)のドン」と呼ばれた長岡実氏が逝去した(4月2日、93歳)。訃報の主な経歴は、事務次官、東京証券取引所理 […]


《吾妻カガミ》29 フェイスブックの功と罪

【コラム・坂本栄】米フェイスブック(FB)の社長、M・ザッカーバーグが米議会の公聴会でいじめられている。創業14年で超急成長、ITの世界的企業になり、その高収益へのねたみもあるのだろう。私も一ユーザーとして議論の行方に注 […]


《吾妻カガミ》28 NEWSつくば 第2ステージに

【コラム・坂本栄】「NEWSつくばからのお知らせ」にも掲載されていますように、3月下旬、本サイト・コラムニストの昼食会を開きました。それぞれの分野でご活躍の方ばかりですので、そうお集まりいただけないかと心配していました。 […]



《吾妻カガミ》26 分散投資と電源構成

【コラム・坂本栄】2月下旬、国際経済の最終講義をした。本当は1月だったのだが、ひどい風邪で休講せざるを得ず、補講をセットしてもらった。私は半期15回の最後の講義を「終論」と呼んでいる。それまでは基本的な知識を学んでもらい […]




茨城キリスト教大学構内=2017年4月

《吾妻カガミ》23 洋風居酒屋で若い先生と議論

【コラム・坂本栄】きょう29日で今年度の大学の授業が終わる。もっとも期末試験日だから90分×2時限=3時間の講義はない。問題は採点。基本「述べよ」の出題をしているので150人分に目を通すとなると時間がかかる。経済部デスク […]


《吾妻カガミ》22 増える「年賀状は今回が最後」

【コラム・坂本栄】もういい歳だし仕事からも遠のいたので年賀状は今年を最後にしたい。今年はこういった趣旨の年賀状が多かった。1、2年前から目に付くようになり、自分も友人もそんな歳回りかと思っていたが、今年はグンと増えた。中 […]




《吾妻カガミ》19 地域メディアが持つ抑止力

NEWSつくばスタートから2カ月。全国紙、地方紙、業界紙、ヤフーなど多くのメディアで取り上げていただいた。NPO+地域+ネット。このユニークな組み合わせに興味が持たれたのではないか。筑波大学新聞からも取材を受け、インタビ […]


《吾妻カガミ》18 幻の副市長 瀧本徹氏を偲ぶ

10数年前に茨城県商工労働部長をしていた瀧本徹さんが、11月上旬亡くなった。56歳だったから、私よりも一回り以上若い。一部全国紙の訃報では主職歴が「元九州経済産業局長」となっていたが、エネルギッシュな経産キャリアだった。 […]