坂本栄

《吾妻カガミ》5 米政府の危機管理に感心

早大政経・土屋ゼミ・インタビュー5 ワシントンでも一番下 藤本:ワシントン赴任は1979年8月ですから、30歳ちょっとで。 坂本:べらぼう若いですね。朝日、読売、毎日の3大紙、それから時事通信、共同通信―この5社は、ワシ […]


初秋に桜? はしゃいで反省

桜といえば春を代表する花だが、9月末、桜の花が数輪咲いた。場所は土浦市大岩田の自宅庭。昨年3月、2~3㍍の苗木を注文、造園屋に植えてもらった山桜の若木。昨年4月は数輪、今春はそれなりの花を付けたが、まさか初秋に咲くとは… […]


《吾妻カガミ》4 入社8年で4分野を担当

早大政経・土屋ゼミ・インタビュー4  経済でもよかった 藤本:雑用係のあと、取材の現場に出たのですか。 坂本:デスク補助という名の雑用係のあと、入社2年目に、大蔵省のクラブ「財政研究会」に配属されました。ここでは、主計局 […]


《吾妻カガミ》3 雑用の教育効果は大きい

早大政経学・土屋ゼミ・インタビュー3 電話で原稿取り 齋藤:時事の経済部はどのような新人教育をしていましたか。 坂本:教育はメディア各社によって違うと思いますが、時事は政治部も経済部も社会部も、入社1年目は雑用係です。当 […]


《吾妻カガミ》2 政治国際希望なのに経済

早大政経・土屋ゼミ・インタビュー2 卒論は「戦略論」 藤本:授業とかゼミでは、どんな関係の勉強を。 坂本:一橋の場合、1、2年は教養課程で、ドイツ語とかフランス語とか、第二語学でクラスを分けていました。3、4年の専門課程 […]


《吾妻カガミ》1 大学では軍事問題を専攻

はじめに NPO法人NEWSつくば理事長・坂本栄はこのサイトで不定期コラム「吾妻カガミ」を担当します。「吾妻」は筑波学院大の住所です。キャンパスの大「カガミ」に映った地域と内外の諸相についてコメントする。この2つのワード […]