オンライン講演の前に質問受け付け 気象研の研究成果発表会

    0
    いつ:
    2020年12月16日 @ 2:00 PM – 5:00 PM
    2020-12-16T14:00:00+09:00
    2020-12-16T17:00:00+09:00
    どこで:
    オンライン
    連絡先:
    気象研究所 企画室
    029-853-8535
    気象研究所=つくば市長峰

    今年度の気象研究所(つくば市長峰)の研究成果発表会は、新型コロナウイルス感染症対策のためオンライン開催となる。温暖化やゲリラ豪雨などをテーマに、5人の研究者による講演動画は12月16日午後2時からホームページ上に公開される。すでに、各講演のあらましをまとめた予稿が掲載されており、講演で聞きたい疑問などがあれば投稿フォームからの質問を23日まで受け付けることにしている。

    動画による「オンラインで伝える研究の最前線」は、来年1月27日午後2時まで公開される。発表されるのはいずれも気象研所属の研究者による5講演で、テーマは次のとおり。

    ▽「北極域の急速な温暖化」庭野匡思(気象予報研究部主任研究官)

    ▽「令和2年7月豪雨の特徴-球磨川流域に記録的大雨をもたらした線状降水帯の構造と発生過程」益子渉(台風・災害気象研究部室長)

    ▽「集中豪雨予測のための水蒸気ライダーの開発」酒井哲(気象観測研究部主任研究官)

    ▽「スーパーコンピューター『富岳』を用いた豪雨や洪水の予測に向けて」川畑拓矢(気象観測研究部室長)

    ▽「津波の即時予測技術の発展-東日本大震災から10年」対馬弘晃(地震津波研究部主任研究官)

    予稿は講演ごとにホームページに掲載されている。その内容に関して聞きたいこと、確かめたいことがあれば、投稿フォームからの申し込みで、各講演への反映が図られる。気象研では「必ずしも講演に反映出来ない場合がある」と断りを入れている。

    返事を書く

    Please enter your comment!
    Please enter your name here