政治の現場学ぶ ドットジェイピー茨城支部の畑山菜摘さん

NEWSつくばチャンネルに出演したNPO法人ドットジェイピーインターンシップ事業部茨城支部つくばエリアの畑山菜摘さん(左)とキャスターの谷島英里子

【谷島英里子】若者の投票率向上をめざすNPO法人ドットジェイピーが企画する「議員インターンシップ」が全国で広がっている。土浦市のインターネットテレビ、VチャンネルいばらきのNEWSつくばチャンネルで21日、NPO法人ドットジェイピーインターンシップ事業部茨城支部つくばエリアの畑山菜摘さん=筑波大社会国際学群3年=をゲストに招いて取り組みを聞いた。

議員インターンシップは大学生がスタッフとなり、春期(2月~3月)と夏期(8月~9月)の年2回、県・市議らの元で、議会傍聴や市町村のイベントに同行し、政治と社会のつながりを知る体験型プログラム。政治・社会に触れてみたい、積極性を身に付けたい、自分の力を試したい学生におすすめだ。

畑山さんも議員インターンシップ経験者で、JICAつくばへの訪問や議会傍聴など政治の現場を学んだ。選挙管理委員会に協力して街頭で投票率アップの啓発チラシ配りなどを行ったことも。

2019年春期の議員インターンシップの募集が10月から開始される。畑山さんは「議員と聞くと堅苦しいイメージがあるかもしれませんが、身近な存在に感じられる機会になるかもしれません。気軽に問い合わせてください」と呼びかけている。

NPO法人ドットジェイピーの情報はホームページhttps://www.dot-jp.or.jp/ 茨城支部の情報はツイッターで。