23日朝に最接近 超大型台風21号


超大型で非常に強い台風21号は、23日未明から朝にかけて茨城県に最も接近する見込み。水戸気象台は暴風や土砂災害、低地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒するよう呼び掛けている。

台風の北上に伴い、停滞前線が活発となり、22日午後5時までの24時間につくば市で80.5㎜、土浦市が67.5㎜の雨が降った。

県内では22日夜、1時間に最大50㎜の非常に激しい雨が降るところがある。23日未明から朝にかけては最大60㎜の非常に激しい雨が降るところがあると予想されている。23日正午までの24時間の最大雨量は多いところで250㎜になる見込み。

風は23日未明から非常に強くなり、明け方から朝にかけて猛烈な風が吹くと予想されている。

土砂災害警戒情報が出されていることから、つくば市は22日、同市北条、筑波交流センターと同市沼田、働く婦人の家の2カ所に避難所を開設した。